2009年10月30日 (金)

小選挙区落選比例当選の哀しみ

一時,非自民党政権が生まれるにいたった1990年代前半の大きな政治トピックは,「政治改革」だった。現在の小選挙区比例代表並立制は,その結果というか妥協により生まれたものである。中選挙区から小選挙区に変えて政権交代が起きやすくしたが,新しい制度で政権交代が実現するまでには13年かかった。


 並立制に重複立候補制度が組み合わされた点に当時,疑問を持った。小選挙区で落選しても比例区で救われるのはおかしいのではないか。有権者から選ばれなかった候補者が比例区のおかげで議員となるのは合点がいかなかった。また,議員の間に小選挙区当選者,比例区単独当選者,小選挙区落選比例区当選者という階層が生まれるのではないかと考えた。しかし,そのようなあからさまな差別が起きなかったのは,重複立候補の場合,惜敗率がかなり効いていて,これで僅かな票差で負けても救われるという側面があったからだろう。


 19961018日の朝日新聞の記事「くすぶる選挙制度見直し論 重複立候補などに批判(新総選挙)」では,当時の新進党の小沢一郎党首は,「比例は比例,小選挙区は小選挙区一本にかけて地域に密着した政治をめざすべきだ」と少数にしか重複立候補を認めなかった。1996年の選挙では自民党候補の大多数は重複立候補した。しかし,自民党の中で「小選挙区で有権者から落選させるという判断をされた候補者が,結果的に当選してくるのは憲法違反だ」と言って重複立候補しなかったのは小泉純一郎氏である。初めての小選挙区の選挙とはいえ,もともと選挙に圧倒的に強い小泉氏は小選挙区でダブルスコアで当選している。


 自由民主党では,閣僚を選ぶ場合などでも,小選挙区落選比例区当選者を差別したりはしなかったようだ。


 ところが,今回の自由民主党の総裁選では小選挙区落選比例区当選者は総裁選出馬しにくい雰囲気が作られたのは興味深かった。中川秀直氏が自分は小選挙区落選だから立候補することはないと言って,町村信孝氏を牽制した。また,小池百合子氏は,テレビ番組でなぜ総裁選に出なかったのかと言われ,比例区復活だからと答えていた。


 民主党小沢幹事長は,衆議院委員会の理事の人選で,「1回生でも選挙区当選の議員を充てろ。それが民主主義のルールだ。比例復活の議員は次に頑張ってもらうしかない!」(産経ニュース2009.10.10)と比例区復活議員を明確に差別した。


 重複立候補制による比例区当選者は一人前ではないという意見が急に強まったようだ。『週刊新潮』だったか,「ゾンビ議員」と書かれていた。けれども,前回は民主党,今回は自由民主党と重複立候補制が小選挙区で落選した際のセフティネットとして有効に機能してしまうと,議員の間から廃止論が出てくるとは思えない。


2009年4月18日 (土)

あるデパートの男性用商品売り場にて

 東京の地下鉄銀座線から直ぐの老舗のデパートである。

 このデパートの男性用の下着靴下売り場は,コの字型で真ん中に島がある形式である。30~40平米くらいだろうか。ここに担当店員が一人常駐している。今は,店員なのか販売員なのか担当者なのかよくわからないが,「店員」とする。

 あまり客はいないので,普段は問題ないのだろうが,先々回に行った時だったか,既に二組の客がいて,年配でやや鈍重な感じの店員は,そのひと組に対応していた。もうひと組が待っていた。コの字型なので,両隣にいる店員には,隣のコーナーの様子はわからないらしい。あるいは,複雑な事情があって,気付かぬふりをしていたのかもしれない。

 せっかちなので,接客中の店員に,「他に人はいないんですか」と言うと,「呼んできます」と行って出ていき,しばらくして一人連れて戻ってきたが,新しくきた店員は当然,先に待っている客の応対をするわけである。単純に,混んだところを手空きの店員たちが手伝うという体制ではなかったようだ。こうして,小さなトラブルは拡大していって,最後にフロアの担当であるという課長から謝罪の言葉を頂いた。

 今日,行ってみたら,その部署の店員は二人と倍増し,若くなっており,その他に何人も遊弋し,いかにも管理職という人たちがそこここに立っていた。以前は,客の半分しか店員がいなかったが,今日は3倍である。

 やればできるではないか,と思うより,そう売り上げに貢献していないはずの男性用商品売り場にも人員を大量投入をするということにあらわれているデパートの苦境がむしろ心配になった。


2005年9月21日 (水)

川条志嘉作詞作曲『小泉改革応援歌』

kawajo 衆議院に小選挙区制が導入されて以来,作成維持してきた衆議院議員サイトをようやく更新しました。選挙日から9日ほどかかりました。なかなかの苦行でした。今回は,選挙区87区で変更があり,比例区では前職はほぼ半数(101名),全体で150名を追加しなければなりませんでした。とはいえ,前回2003年も149名だったので,あまり変わらないことにはなります。

 東京では選挙区が25区ありますが,その中の12区,つまり約半数の当選者が交替しました。ところが,全体としてみれば,変化の小さい地域もかなりあります。東京と同規模の東北(全26区)で,当選者に変化があったのは4区,中国四国(全33区)では,3区に過ぎません。

 新当選者のウェブサイトを見ていて面白かったのは,大阪2区で当選した自民党新人の川条志嘉氏でした。東大出,歌手志望,松下政経塾出身,民社党から出馬,和歌山でトラブル,自民党公募で,大阪唯一の郵政民営化反対派の対立候補と話題豊かな方です。

 ご自身で『小泉改革応援歌』を作詞作曲し,選挙中に歌ったようです。( 川条志嘉氏 街頭で小泉改革応援歌)。

小泉改革応援歌
作詞作曲アレンジ 川条志嘉

1.
新たな 夜明けがみえる 改革すすめ 輝く日本
巨額の借金 返すために 今は苦しくても がんばっていこう

小泉改革で 地域を再生しよう 郵政改革で サービスを増やそう
手をつなぎ支えあって 幸せな未来を創ろう 改革政党だから 本当に実現できる

2.
生まれて よかったと 誰もが愛せる 日本を創る
翼を広げ はばたく若人に 改革の情熱と 明日を伝えたい 

小泉改革で 経済を再生しよう 民間活力で 強い日本を創ろう
改革をのりこえて 幸せな未来を創ろう 自民と公明だから 本当に実現できる

 ありきたりな表現と妙に現実政治的なところが入り混じっていて,言葉を入れ替えれば今後も使えそうな感じです。

| コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月 9日 (火)

総選挙は新陳代謝の機会

koizumi1 あれよあれよという間に総選挙になりました。

 「国政の遅滞は許されない」などと言う議員がいますが,どうせ夏休みではありませんか。お盆を過ごし,世界陸上や高校野球やサッカーのイラン戦を観ている間に投票日がやってきます。この際,新しい体制になったほうが今の閉塞状態から抜け出せるはずです。

 私は,衆議院議員一覧;という議員データベースサイトを作っているので,総選挙の影響はかなりあります。

 前回の2003年総選挙では,選出された480名のうち新人が100名,元職が57名でした。その前の2000年では,新人106名,元職23名でした。120名から150名ほどの議員のデータを調べて更新する必要があります。最近は,自分のサイトを持つ議員が増えたとはいえ,かなりの労力を要します。

 しかし,総選挙をすれば,議員の1/4から1/3は入れ替わり,100人ほどが新しく議員になります。引退したり,落ちたりするのは多くは高齢者であり,新陳代謝が行われます。これは,結構なことだと思われます。

 前回,自由民主党は,比例区単独候補の定年を73歳とし,85歳の中曽根康弘,84歳の宮沢喜一両元首相に対し引退勧告を行いました。当然のことでしょう。「大勲位」こと中曽根氏は納得せず,「小泉首相は『引退は本人の判断に従う』と言い続けていたのに、こんなに非礼なやり方はない」と憤慨。「全国の老人が反感を持つ」などと強い口調で首相を非難した」(朝日新聞)そうです。

 引退を促す執行部側がどう考えても正しいのに,新聞やテレビは,中曽根氏に同情的なふりをしてみせていました。

 綿貫民輔氏は1927年生まれで78歳ですが,選挙区であるし,かなり強いので,まだまだ現役で頑張られることでしょう。

| コメント (0) | トラックバック (0)