« 週間日誌2020-01-19(遠藤関,坪内祐三氏,映画) | トップページ | 週間日誌2020-02-02(病院,新型コロナウィルス(2019-nCov),ラグビー) »

2020年1月25日 (土)

週間日誌2020-01-26(神宮外苑開発計画,テニス)

1月23日(木)
Setumeikai  10日ほど前に,「東京都公園まちづくリ制度実施要綱に基づく神宮外苑地区 公園まちづくリ計画に関する説明会」というチラシが,郵便ポストに入っていたので出かけた。入場にはチラシが必要というので持って行ったが,会場入口で,回収され,住所,氏名,電話番号を用紙に記入することを求められ,資料の入った袋とペットボトルを渡された。

 会場には400人分の椅子があり,前方に10人ほどの「事業者」が座っていた。「事業者」として並んでいたのは,三井不動産,伊藤忠,日本スポーツ振興センター,宗教法人明治神宮の部長級の方々。開始時の参加者数は200人くらいで,4割ほどは近隣の住民らしい私服の人々で,高齢者,女性が目に付いた。ほかに,スーツの企業や店舗関係者が参加。
 「事業者」の紹介,挨拶の後,概要説明,それに質疑応答と続くが,この組織がどうなっているかの説明はなかった。

 概要説明の内容は以下のようだった。

 今の明治神宮外苑は,施設の老朽化や競技・観戦環境の面における陳腐化が進行し,地区内のスポーツ施設等は防災性及び避難場所としての機能の維持・向上並びにアクセス性の向上が望まれている,オーブンスペースや緑が少ない,来訪者が滞在時間を楽しめる機能と空間が不足,四季折々のいちょう並木の魁力を楽しめる憩いの空間や機会が不足などの問題がある。

 まちづくりの目標・方針として,(1)高揚感あるスポーツとアクティビティの拠点,(2)歴史ある個性を生かした多様なみどりと交流の拠点,(3)地域特性を生かした魅力的な夊化とにぎわいの拠点(の形成)を将来像とする。

 具体的には,神宮野球場と秩父宮ラグビー場の位置を入れ替えそれぞれ新造,絵画館前の現在軟式野球場となっている広いスペースを広場とし両側にテニス棟を造る,文化交流施設を造る,野球場にホテルを併設,伊藤忠のビルからスタジアム通りに面した部分に地上40階ほどのビル群を建てる。

 十人ほどが質問したが,全員この計画に反対,あるいは疑問を持っていた。質問者は,近隣住民が中心,女性が半分で,大企業に臆するような人はいなかった。質問の内容は以下の通り。

(1) 明治神宮外苑は,もともと国有地,練兵場から現在のようになった歴史ある場所であるが,宗教法人明治神宮は,一体,何をしたいのか。

(2) なぜ,ホテルを建てるのか。本来,文教地区にはホテルを建てることはできないはずではないか。

(3) なぜ,190メートルの高層ビルをここに建てなければならないのか。墓地,青山御所,新宿御苑などに囲まれたこの場所に必要なのか。景観を壊してよいのか。

(4) 最初の計画では,御観兵榎のあるあたりにホテルを建てたり,ショッピングモールを造ったりする予定のようだったが,なぜ変わったのか。その経緯を説明してほしい。

(5) 新国立競技場建設の際,大量の木が伐採された。今回の案では,ラグビー場までの銀杏並木が無くなっている,また大量の木を切るのか。

(6) スポーツの機能を強化するというが,軟式野球場やバッテングセンターなど既存の施設はなくなる。軟式野球場は予約困難な施設となっているが,利用状況を知っているのか。

(7) 現在の伊藤忠ビルの前はビル風が強くて,小学生や老人が歩くのに苦労することがある。歩道橋では傘が折れることもある。台風で倒木もあった。この場所に倍の高さのビルを建てたら大変なことになるのでhないか。

 今の神宮外苑は,四六時中,多くの人たちがそれぞれの目的で行き来する空間で,近隣住民ばかりでなく,通勤者もいるし,ジョギングのためにやってくる人もいる。秋には銀杏並木を見るために,国外からの観光客も多い。つまり,賑わっている。歩きにくいというが,そう思っている人はいないだろう。怪しげな現状認識,手垢のついた将来像を示しているが,出席者の多くは,この計画の目的が,高層ビルやホテルの建設にあることに腹を立てているようだった。

 本来,外苑を守るはずの宗教法人明治神宮が,このような開発計画に乗っているのは,よほどの事情があるのだろうと思われても仕方がない。
 
1月24日(金)
 全豪テニスで大坂選手は三回戦でガウフ選手に敗退。

 同じく男子の三回戦のフェデラー選手38歳とオーストラリアのミルマン選手30歳の試合は4時間を超える激戦となった。地元オーストラリア人のほとんどはミルマン選手に声援,残りのグローバルな観客はフェデラー選手を応援しているようだったが,互角のようだった。フルセットの末,第5セットも6-6でテンポイントのプレイオフに突入した。ミルマン選手が3-0,5-2とした時にはフェデラー選手はこれまでかと思えた。フェデラー夫人の表情も絶望的だった。

 しかし,フェデラー選手は,4-8とリードされてから6ポイントを連続して取って勝った。しぶといというしかないが,フェデラー選手の新しい伝説的偉業を見た思いだった。

« 週間日誌2020-01-19(遠藤関,坪内祐三氏,映画) | トップページ | 週間日誌2020-02-02(病院,新型コロナウィルス(2019-nCov),ラグビー) »