« 週間日誌2019-12-22(『ザ・クラウン』,窓展,カーリング) | トップページ | 週間日誌2020-01-05(今年の本と映画,大晦日,銀座線渋谷駅) »

2019年12月28日 (土)

週間日誌2019-12-29(カーリング,住民票,『内閣調査室秘録』,高校ラグビー,地下鉄)

12月22日(月)
 今回の選手権で,前回優勝のシドロワ組は,予選全勝で,どの試合も最終第八エンドまで行かないという圧倒的な強さだった。決勝戦も第一エンドで2点をとってからは,なかなかロコソラーレに得点を許さず,第八エンドまでいったが5-4で勝った。点差以上に,一方的という感じがあり,シドロワ選手とともに,今年から加わったというクールなコテンコーヴァ選手は冷静でミスがなかった。

 ロコソラーレは,先週のカナダのニューファンドランド・ラブラドール州で開催されたブーストナショナルに出場していたが,リードの吉田夕梨花選手が急病でカナダに行くことができず,三人で試合をした。鈴木夕湖選手と吉田知那美選手が三回ずつ投げた。それでも準々決勝に進出し,優勝したハッセルボルク組に負けたが,会場で大きな拍手を浴びた。

 ただ,ロコソラーレの選手たちは,軽井沢は日を置かない連戦となり,吉田夕梨花選手は戻ったものの,選手たちは疲労の極限にあったらしい。

12月24日(火)
 住民票が必要となったので,何も考えずに区役所支所に行き,入手したが,20分ほどもかかった。後で考えてみるとマイナンバーカードでコンビニエンストアの万能コピー機から住民票を出力できるはずである。その時,20分もかかるわけがない。どうしたことだろう。

12月26日(木)
 岸俊光編,志垣民郎著『内閣調査室秘録 戦後思想を動かした男』(文春新書,2019)を読んだ。記録なので細部まで読んだ分けではないが,驚いた。内容紹介に,内閣調査室の「志垣氏の主な仕事とは,優秀な学者・研究者に委託費を渡して,レポートを書かせ,それを政策に反映させることだった。これは、結果的に彼らを現実主義者にし,空想的な左翼陣営に行くのを食い止めた。そして本書には、接触した学者・研究者全員の名前と渡した委託費、研究させた内容さらには会合を開いた日時,場所,食べたもの,会合の後に出かけたバーやクラブの名前……すべてが明記されている」と書かれている通りだ。1960年代,70年代の東大,慶大などの教員が多数登場する。こんな風に名をさらされるとはご本人達は思っていなかっただろう。また,ほとんどの人たちは,操られている自覚はなかったに違いない。

12月28日(土)
 高校ラグビー一回戦の二日目。100点ゲームが二試合あり,162-5という新記録も生まれた。最近は高校ラグビーで100点ゲームをみた記憶がない。本来,シードされなければならないチームが一回戦から登場したということだろうか。

 地下鉄銀座線は,渋谷駅の工事で,一部運休状態で1月2日まで続く。半蔵門線もあるのでさほど難儀ではないが,青山一丁目と溜池山王間も運休区間となる理由がわからない。
 新宿御苑を通った。今年最後の開園日だが,人影はまばらで,半分は外国人だった。

Gyoe201912

« 週間日誌2019-12-22(『ザ・クラウン』,窓展,カーリング) | トップページ | 週間日誌2020-01-05(今年の本と映画,大晦日,銀座線渋谷駅) »