« 週間日誌2019-04-07(スモンビ,元号,音,三島,カーリング) | トップページ | 週間日誌2019-04-22(機内安全ビデオ,天草,島原,自動通話録音機) »

2019年4月14日 (日)

週間日誌2019-04-14(カーリング,パソコン,客層,桜並木)

4月8日(月)
 午前1時に寝て4時に起き,3時から始まったカーリングの三位決定戦日本対スイス戦を観た。ロースコアで進んだが,終盤で連続してスチールで大量点を取られて,銅メダルならず。女子と同様の結果。

 午前8時からは,昨年同様,スウェーデンとカナダの決勝戦があり,これもブランクエンドを繰り返しロースコアで始まったが,終盤にはスウェーデンのスキップの名人エデン選手が調子をあげ,7-2と実力の差を印象づける結果となった。

 男女とも日本代表は,いわば急造のチームであったが,それでも第4位と好成績だった。どうしたことなのだろう。対戦経験がないので,相手が対応できなかったということではないだろう。日本のチームは,スウェーデンやカナダ,スイスなどのように「上手い」わけではないし,戦略が優れているわけでもない。運がよかった面もあるが,そのようなことではなさそうだ。

 今回,男子は,韓国が最下位になったため,来年からアジア枠が減らされる心配があるという。日本にとって影響は大きい。


4月9日(火)
 使っているパソコンにこの半年ほどフリーズする現象が起きていた。動画やテレビを一定時間以上観ていると停まってしまう。マウスもキーボードも使えなくなる。パソコンが動いていることは確かであるが,どうにもならない。結局は,パソコンを強制終了させるしかなかった。

 ウェブで解決法を探したが,役立ちそうなものはなかった。おそらく,映像に関わる部品のハードかソフトに問題があると考えられる。手に負えない。

 これは,パソコンの筐体の中にファンに埃が溜まっているせいではないかと助言を受けた。早速,筐体をあけて,ファン周りを掃除した。埃をとりきれたわけではないが,ある程度きれいになった。しばらくは大丈夫だったが,また,再発するようになった。

 神保町の「石釜bakebread茶房 TAM TAM」という店は,前は「珈琲館」だったが,改名し「トーストブーム」に乗り,いつも長い行列ができている。入ってみたいが,並んでいるのはほぼ女性か男女連れで,一人で並ぶには躊躇する。

4月12日(金)
 面白いという評判なので『ハンターキラー 潜航せよ』(ドノヴァン・マーシュ監督,2018年)を観に行く。この頃観ているのは,地味な映画ばかりで,観客は高齢女性が多い。しかし,この潜水艦映画を観にきたのは,95%は中高年男性だった。


4月13日(土)

Sakurawakagi  長かった桜も終わりかけている。青山墓地には,長い染井吉野のトンネルがあるが,この桜が,そろそろ寿命を迎えている。数年前から,倒れそうな木を伐り,若い木を植えてきている。それが少しずつ増えている。しかし,老木は頑張っているものの,副え 木をあてられひょろひょろした若木が一人前になるには,2,30年かかりそうだ。老木と若木ばかりで青壮年層はいないので,これからどうなるのかと毎年思う。


4月14日(日)
 ロコソラーレは,9日からカナダのトロントで開催されているワールドカーリングツアー・プレイヤーズチャンピオンシップに昨年に続いて出場。女子の世界ランクで20位までのチーム中の12チームが2組に分かれて予選が行われる。昨年は世界ランク20位だったロコソラーレは今年は7位,北海道銀行が13位。ロコソラーレは,序盤三連敗したが,2勝3敗でプレーオフに勝ち3連勝で準々決勝進出。しかし,ハッセルボリ組に負け,昨年同様8強止まり。

« 週間日誌2019-04-07(スモンビ,元号,音,三島,カーリング) | トップページ | 週間日誌2019-04-22(機内安全ビデオ,天草,島原,自動通話録音機) »