« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月30日 (土)

週間日誌2019-03-31(カーリング,『グッドワイフ』,枝垂れ桜,ニュースキャスター)

3月25日(月)
 カーリング女子選手権の準決勝の日本対スウェーデン戦は,スウェーデンのスキップハッセルボリ選手が好調で,序盤は互角だったが,次第に引き離され,3-6で負けた。

 三位決定戦は,準決勝でスイスに負けた韓国と対戦し,接戦だったが,5-7で惜敗した。これで日本代表の中部電力は,4位となった。昨年は,富士急が,予選で10位だったので,2016年のLS北見の2位に次ぐ成績だった。この大会を経験することにより,得るものが多かっただろうと予想する。プレイオフ以後の戦い方は,かなり粘り強かった。相手にとっていやなチームになりつつあるようだ。

 平昌オリンピックでは,スウェーデン,韓国,日本という順位だったが,今回は,その上にスイスがきて,2位スウェーデン,3位韓国,日本は4位に下がった。一方,世界ランキングは,前シーズンの7位から5位に上がった。

3月26日(火)
 先週終了したTBS『グッドワイフ』を結局,全部観た。米国のテレビドラマの再ドラマ化であるが,必ずしもそのままではない。竹内結子のフジテレビ「QUEEN」もそうだったが,最後に実は大きな背景があったという種明かしになるが,こうした趣向はないほうがよい。ただ「グッドワイフ」は,検察の陰湿な実態を明るみに出すという点ではよかった。

 米国版の『グッド・ワイフ』と全く同じエピソードがあった。主人公蓮見杏子(常盤貴子)は,夫のスキャンダルで,近所から非難を浴び,子供を連れて引っ越している。前の家の隣家の息子が,事件の犯人と疑われるが,本人から弁護を頼まれた蓮見杏子が無罪を勝ち取る。昔は仲の良かった隣家の母親が訪れ,礼を言い,「また,家にきて下さい」と言うと蓮見杏子は,「今はそうおっしゃるけど,決して呼んでくれませんよね」と冷たく答える。これは,米国版そのままだったが,米国では裏切りに厳しい主人公なので納得できたが,甘さのある蓮見杏子=常盤貴子は言いそうもない台詞だった。

3月27日(水)
Hongoji2019 枝垂れ桜を見るために,始めて府中の本郷寺に行く。駅から歩いて直ぐの門前に,枝垂れの大木が5本もあった。特に門の右前の一本は勢いがあった。枝垂れ桜は,染井吉野より早く満開になるし,青空の下でなければ,映えない。今週は,青空の日はもうないようなので,新宿の常圓寺,芝増上寺,それに小石川後楽園に行く。小石川後楽園では入口に長い行列ができていた。いつもみている渡月橋の枝垂れ桜の樹勢が衰えていた。

3月29日(金)
 年度末になって「平成最後の」といううたい文句が増えていた。普段,元号を使うことはほとんどないし,「平成」という元号自体が嫌いだったので,これが終わるとすっきりする。

 英国では,EUからの離脱期限が今日だったが,離脱できないでいる。英国議会はかなり前から混乱状態である。きちんと協定を結んで離脱,強行でもいいから離脱したい,離脱したくない,という三つの立場があり,ほとんど妥協しないので,膠着状態のままここまできてしまった。英国人は最後には流石と言われるような賢明な判断をするのだろうと思っていたが,それは買い被りだった。英国外では,英国がEUから離れたら,貿易や経済で深刻な問題に直面するはずという意見が大多数であるが,国民があまり気にしていないようなのは不思議だ。

3月30日(土)
 三月末となり,NHKでは,ニュース番組のアナウンサーの交替がある。平日の午後7時のニュースの鈴木奈穗子さんは,朝の「おはよう日本」に始まりニュースウォッチ9,そして時から7時とずっとメインキャスターだったが,出産休暇のため交替。少し年上の小郷知子さんは,ずっとファンだったが,土日の「おはよう日本」から去ってしまう。

 毎朝,観ている海外ニュース「キャッチ」は,NHK記者の山澤里奈さんと塩﨑隆敏さんがやめる。山澤さんは,自分の意見や関心がはっきりしていて安定感があった。塩﨑氏は,アナウンスに問題があり,最後の挨拶でもつかえていた。サブキャスターの二人はそのまま継続でよかったのだが,気象情報の吉井明子さんがいなくなるのは残念。NHKのお天気キャスターの中で最優秀だったのに。

 

2019年3月23日 (土)

週間日誌2019-03-24(歌舞伎,案内板,カーリング)

3月18日(月)
 歌舞伎座(『盛綱陣屋』,『弁天娘女男白浪』を観る 仁左衛門の盛綱が首を検めて表情だけで,事情を知り,複雑な感情を表す場面が見所である。しかし,この場の本当の主人公は姿を見せない弟の高綱とその子の小四郎である。小四郎役は中村勘九郎の子の勘太郎8歳だが,手の込んだ,大層残酷な策略を知っている小四郎を完全に理解しているようにみえた。もう一人,台詞の少ない小三郎は寺島しのぶの息子寺嶋眞秀(まほろ)6歳。20年後に役者になっていたら,大変な人気になると予想する。

 『弁天娘女男白浪』は,猿之助と幸四郎のダブルキャストで,この日は,猿之助の弁天小僧,幸四郎の南郷力丸。関西から観劇の老婦人は,今日は夜の部を観て,明日は,昼の部を観るが,昨日から来ていて,もう別のキャストの夜の部を観たという。

 仁左衛門と猿之助,幸四郎で歌舞伎座は満員にできるようだし,ダブルキャストも客を増やすことができるらしい。

3月19日(火)
 大学の狭いキャンパスの中に建物が建て込んでいるが,建物の前に案内板がなかった。外来者や新入の学生が戸惑うのを見かけるので,改善を言ってもどうしたわけか受け容れられなかった。ところが,方針が変わったらしく,案内板が設置され始めた。英語はこれでいいのかとは思うが,案内板ができただけでも喜ぶべきことだろう。

3月23日(土)
 デンマークの小都市で開催されているカーリング女子選手権の日本代表の試合をBS1で全戦中継している。13チームが出場,予選は総当たり78試合を4シートで一日3時間帯(現地朝9時,14時,19時)で行っていく。日本では,17時,22時,3時になる。ここのところ朝3時に起きる毎日である。

 日本代表の中部電力は,序盤はまあまあの成績だったが,中盤で韓国に負け,不調のデンマークに1-7で負けてしまった。ラストストーンがことごとく外れて,崩壊寸前という状態になった。もうこれまでか,メンバーを入れ替えても仕方ないと思った。しかし,そこから立ち直り,最終的には6勝6敗で全体の6位で予選通過を果たした。そして,プレーオフでロシアに大勝,準決勝に進んだ。

 中盤の悲惨な試合を観て,悲観的な予想をしてしまって申し訳なかったと思う。選手間のコミュニケーションの改善,危機管理というか相手の得点の芽を早めに摘むことができるようになったとスキップは言っている。

 ただ,連戦の中では,どのチームも好不調,運不運の波があるらしい。プレーオフで対戦したロシアは,スキップが何度も失敗していた。一方,日本のフォースの北澤選手は,デンマーク戦とは全く違っていて,きっとカーリング史上に残るだろう奇跡的なショットを投げるなど好調だ。

 中部電力では社長以下の十数人が,応援のため,0泊3日でデンマークへ向かったとのこと。少ない投資で宣伝効果は大きく,企業としても有り難いはずだ。

2019年3月17日 (日)

週間日誌2019-03-17(3年A組,地図,e-tax,有楽町スバル座)

3月11日(月)
 結局最後まで,日本テレビ2019年1月期日曜ドラ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』を観てしまった。最初は,大きなテーマを扱うのかと思ったら,学園ドラマになっていった。しかし,毎回,緊迫するので,つい観てしまい,最後は,熱血教師のインターネット社会批判で終わった。菅田将暉が無力感を持ちつつそれでもネット住民を説き伏せようとする。最近,ドラマで,SNSの気分の悪い書き込み画面を見せられるが,うまく作ってあると思う半面,言葉遣いも内容も月並みなので,書き込み一般への批判になっている面もある。

3月12日(火)

Hakuyo

 地下鉄銀座線の「外苑前」駅のすぐ前にあるクリーニング店のガラスに地図が貼ってあった。大勢の人たちが,いちょう並木,フランフラン,結婚式場の場所を尋ねにくるので,店員がうんざりして自作したのだろう。イラストなどが今風。TOKYUSTAYはホテルだが,外国人観光客向け。

3月13日(水)
 確定申告で,e-taxに再び挑戦することにした。まず,ブラウザをマイクロソフトIEにしなければならなかった。マイクロソフトはもう使うなと言っているわけだから苦しいところだ。昨年のメモを元にしたが,利用者識別番号のパスワードを間違えてロックされてしまったので,マイナンバーカードによる認証に変えたが,持っているリーダー,ソニーフェリカでは読み込めない。ようやく,この機種は,新しいドライバをダウンロードして入れ替えないといけないことがわかった。

 ここまでは,手探りで,ストレスフルだったが,帳票の入力は実に楽で直ぐに終わったし,証拠書類の提出も不要なのは結構なこと。

3月15日(金)
 「有楽町スバル座」が10月に閉館とのこと。いちばん最近,「有楽町スバル座」で観たのは,昨年の『チャーチル ノルマンディーの決断』だった。小規模,老朽化,周辺にシネマコンプレックスというのが閉館理由だが,「シネスイッチ銀座」のように同じ条件でも頑張っている映画館はあるのにと思う。

3月17日(日)
 3月も半ばになると,スポーツイベントが多く,この土日は,忙しくテレビ観戦。ラグビーでは,サンウルブスと欧州六カ国対抗。カーリングは,国内のミックスダブルス選手権とデンマークの世界選手権。それに,大相撲とF1。一番の驚きは,寝てしまって最後まで観ることができなかった欧州六カ国対抗のイングランド対スコットランド戦で,寝る前は21-0でイングランドが勝っており,これでは大差になるなと思ったが,結果は38-38の引き分けだった。イングランドに何があったのだろうか。F1の初戦で今季からホンダがパワーユニット(PU)を供給するレッドブルのフェルスタッペン選手が三位になったのも意外。カーリングの中部電力が世界選手権でも好調を維持し,初戦からスコットランド,米国と連勝し,余裕があるのも予想外。

2019年3月10日 (日)

週間日誌2019-03-10(ピーコック,サッカー,銀杏,ポイント,F1,野々すみ花)

**日付順に変更

3月4日(月)
 東京の南青山3丁目にあったスーパーマーケット「ピーコックストア青山店」が先月末で閉店した。1964年からであるから54年間営業していたことになる。経営不振というわけではなく,入っていたビルの老朽化が直接の原因らしい。建物の上階は集合住宅だったが,もう退去しているらしい。

 地階と1階の広いフロアが食料品の売り場で品数も生鮮食料品も豊富だったので,閉店により,周囲に買い物難民が増えることが懸念されている。この辺りは,バブルの時に地上げがあったので,食料品を売る店は,ほとんどなくなっている。

 ただ,この2,3年の間に,周辺に品数や価格に課題はあるものの中規模のスーパーが三軒ほどできているし,大通りに面してはいないが魚屋もあるので,何とかなるかもしれない。

 実は,この地域には高齢者が多い。ショッピングカートをゆっくり押していく老人を見かけると,「ピーコック」閉店の影響はやはり大きいと思う。

3月6日(水)
 午前7時からシービリーブス杯の対イングランド戦中継を観る。日本もイングランドも1勝1分で,得失点差で日本が上なので,引き分けで優勝となる。しかし,前半39分までに,イングランドに3点をとられてしまい,後半は,またメンバーを大勢入れ替えて,何度もシュートに至るが無得点。わずかなチャンスにイングランドは確実に得点した。イングランドはゴールキーパーが上手かった。

 日本とイングランドは,今年のワールドカップで対戦するので,両国ともどれだけ本気だったかはわからない。シービリーブス杯は,米国がブラジルに勝ち,日本と同じく1勝1敗1引き分けになり,得失点差で,日本は3位となった。

3月7日(木)
Edauchi  神宮外苑のいちょう並木では,4年に一度の選定作業が行われている。枯れた姿をさらしているいちょうの木には,枝がびっしりと生えていて,これを,クレーンでつり上げられた剪定員が切り落としていく。根本には,枝の小山ができる。銀杏は150本近くあり,一か月以上かかる。

 しかし,前回,2015年2, 3月に剪定が行われた後の秋には,並木の銀杏はかなり貧弱な有様だった。要するに今年の銀杏並木には期待できない。

3月8日(金)
 昨年の今頃,思うところがあり,貯めたポイントを全て使ってしまおうと考えた。もともとポイントを積極的に集めることに関心はないが,それでもいくつかあった。その一つが,TOHOシネマズのシネマイレージだった。6本で1本が無料になるが,これまで一度も使ったことがなかった。というか,無料で観る方法を知らなかった。何とか方法を知り,TOHOシネマズの映画館ではマイレージを使うことにした。そして,一年たち,残りのマイレージがほぼゼロとなった。

 今日,観たのは,封切り初日の『シンプル・フェイバー』であるが,原作をひねりすぎた,ひどい結末だった。アナ・ケンドリックはまだしも,ブレイク・ライヴリーは疑問。

3月9日(土)
 宝生能楽堂で「第五回立合狂言会」を観た。大蔵流と和泉流の諸家の若手,中堅が同じ演目をそれぞれの家の狂言で演じる。

 ほぼ満席だった。ただ,自分の席がわからなくて右往左往している観客が多い。前列から「いろは順」だからである。「ち」の列だったが,その前は「と」列である。普段,いろは順は使わず,アルファベット順か五十音順なので,「り15」はどの辺りか高齢者も苦労していた。

 最初に野村万蔵と茂山千三郎が解説し,最初の太郎冠者呼び出しの部分と舞を四家が演じ,その後,「蚊相撲」と「寝音曲」をそれぞれ異なる流派と家が演じる。同じ演目でも家によって,結末が異なることがあることを初めて知った。

 青山一丁目のHondaウエルカムプラザ青山の前は大勢の人だかり。第一期からのF1マシンを屋外展示していた。レッドブルのフェルスタッペン選手が外苑いちょう並木で走行したらしいが知らずに見逃したのは残念。第三期では確か1勝,2015年からの第四期では4年間未勝利と苦しいホンダであるが,早めに表彰台に登ることができるか。

3月10日(日)
 野々すみ花が出産予定とのこと。宝塚宙組トップ娘役引退後,ミュージカルにはほとんど出ないで,テレビや芝居を中心としてきて,結婚という他の宝塚トップとは違う道を歩んで来ている。宝塚時代からともかく演技が好きなようだったが,インスタグラムやブログをみる限り,仕事をやめることはないらしい。

2019年3月 3日 (日)

週間日誌2019-03-03(アカデミー賞,『群盗』,なでしこ,『トクサツガガガ』)

3月3日(日)
 午前4時に起きてシービリーブス杯の対ブラジル戦中継を観る。3-1で勝ったが,高倉監督は,なかなか勝てなかったブラジルに勝利したのが一番としても,主将の熊谷選手を欠く中,若手中心で失点を1点にとどめたこと,ブラジルの疲労を見越した後半の大量入れ替えが当たったことなど,嬉しいことが多かっただろう。

3月1日(金)
 急激に評価を高めてきた感のあるNHK『トクサツガガガ』の最終回。「好きなものは好きでいい」,「大人になってもオタクのままでもいいじゃないか」,「仲間がいればなおいい」といった明確なメッセージで作られているドラマ。オタクが小芝風花であるから成り立っているようにも見えなくはない。ただ,肉親を含め,他人の趣味をとやかく批判したり,笑ったりするのはよくないというのは世界共通の認識だが,これがわかっていない人々が多いことは確か。

 小芝風花は,主人公の仲村叶をよく理解しているだけでなく,喜怒哀楽を的確に表現している。実写版の『魔女の宅急便』以来,出演作を観てきたが,まだ21歳,これを機会に良い役が回ってくればよいが。

2月28日(木)
 サッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」は,シービリーブス杯の国際大会の初戦で世界ランキング1位のアメリカに2対2で引き分けた,2011年のワールドカップから米国に負け続けてきたが,モーガン,ラプノー,ロイドの各選手が出場した米国に引き分けたのはよかった。寒く風のある中で,長谷川選手は半袖で走り回り,清水選手も頑張り,籾木選手は短い出場時間で結果を出した。

 朝から雨で寒いというこの冬では初めての天気。要するにここ数ヶ月ほとんど雨が振らなかった。利根川の貯水量は39%で,昨年の57.4%と比べてかなり低い。渡良瀬遊水池は貯水量0となっていて,ライブカメラで見ると確かに底に水がみえるだけである。毎年,今頃から反転して増えていくのだが,今年は大丈夫か。

2月27日(水)
 『群盗-Die Ruber-フリードリッヒ・フォン・シラー作「群盗」より-』(小柳奈穂子脚本・演出)を観る。18世紀末のドイツの義賊的なところもあった盗賊団の首領で貴族の子カール(芹香斗亜)の物語だ。
 原作は,一人一人の台詞が無駄に長くて大仰なので途中で断念し,拾い読みに終わったが,舞台は,構成を変え,台詞のある登場人物を増やし,ヘルマンを叔父にする,望郷や恋愛あり,など宝塚仕様になっていた。満ち足りた女性客たちの前で,タカラジェンヌが何度も「革命だ」,「階級闘争だ」と叫ぶ。しかし,かなり凄惨な結末なのに,群舞やフィナーレで緩和されてしまう。

 今,日本の若者たちが本当に反体制,革命を叫んだら,一定の支持は得られるだろう。

 現在,ほとんど集客に苦労していない宝塚がこうした真面目だが地味な古典作品を選ぶのは,将来に備えて,少しでも演目の幅を広くしておこうという深謀遠慮なのだろうか。

2月25日(月)
Bao2  米アカデミー賞授賞式。今回は予定された司会者にトラブルがあったので,司会なしだが,すっきりしていてよかった。作品賞は意外にも『グリーンブック』だった。作品賞候補の8作のうち,日本で公開されているのは,『ボヘミアン・ラプソディ』,『女王陛下のお気に入り』,『アリー/ スター誕生』で,ネットフリックスの『ROMA/ローマ』を入れてようやく半数である。興行のスケジュールのためなのだろうが,観ることのできない作品ばかりでは興ざめではある。

 ただ,米国では,日本で上映されている欧州やアジアの映画が映画館にかかることはほとんどないと聞く。どちらが良いかというなら,封切りは遅くても多様性のある日本だろう。

 『インクレディブル・ファミリー』の前に上映されたピクサーのドミー・シー監督作品『Bao』が短編アニメ映画賞を受賞したのはよかった。中華まんじゅうの話。

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »