« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月30日 (日)

週間日誌2018-12-30(今年の映画,読書,ニュース)

12月30日(日)
 今年,気になったニュース,出来事。

1.夏の猛暑
 東京では,6月25日から最高気温が30度を超し,以後8月末までほぼ二か月間,猛暑の日々だった。35度以上にもなり。最高は39度だった。西日本はもっと酷かったし,台風の被害もあったわけで,それに比べるとまだましだった。とは言え,これまで経験したことのない暑さだった。これを「災害」と呼んでもよいと思った。

 クーラーをつけたままのクーラー頼りの毎日,クーラーが故障したらどうするか真剣に考えた。炎天下,外を歩くには勇気がいった。

 問題は,これが今年限りの異常気象とは考えられないことだ。来年も同程度,あるいは今年以上だったらと思うと,今から気が滅入る。

2.公文書改竄
 財務省は,森友学園案件に関する14件の決裁文書の改竄を公表した。改竄ばかりでなく,応接録の廃棄などの問題もある。公務員は,こうしたことをしない,できない体質ようになっているのだとばかり思っていたので驚くしかなかった。モラルや規律という面でも問題のある政権が長く続くと,こうしたことが起きるのか。

 改竄とは別のことであるが,若尾政希『百姓一揆』(岩波書店, 2018. 234p.)には驚くようなことが書いてあった。江戸時代の藩庁や村役人の実務的な記録に含まれている百姓一揆の訴状の中には,雛形(テンプレート)に基づいて書かれたものがあり,そうした雛形を集めたマニュアル本が流通していたそうである。

 今の文書の多くも,テンプレートに基づいて,あるいは先行文書のファイルを直しながら書くのだろうから,もともと実務文書は,定型から離れられないものである。

3.南海トラフ地震
 今年,和歌山県など西日本の太平洋岸でたびたび地震があった。これまでにないことである。さらに,南海トラフ地震に対する対策がしばしばニュースとなった。今年2月には文部科学省の地震調査委員会が今後30年間で最大M9クラスの「南海トラフ地震」が発生する確率は70~80%と発表している。地震の予知は出来ないのに,こうしたことを発表するのは,少しは自信か根拠があるのだろう。

 もし,今年,「南海トラフ地震」が起きれば,いま,日本でなされている計画のほとんどは中止になる。中止になるのは,オリンピック,パラリンピック,万国博覧会ばかりか,リニア新幹線どころではなくなるし,原子力発電所は停止させることになる。日本の国力,経済力ははかなり低下する,あるいは低下すると言われている。

 南海トラフ大地震は,昨年まではさほどニュースにはならなかったが,今年は,切迫が感じられる年となった。

12月29日(土)
 本を読んでいる時間が長い。読書が好きだから。古典から鉄道本や宝塚小説まで,様々な本を自由に読めるようになった。今年,250冊を読んだ。多くは,図書館から借りて読んでいるが,買った本も同様だが,全て最後まで読むわけではない。目を通した本は,500冊以上になる。朝日新聞や読売新聞では,毎年,今頃,書評委員が選んだ3冊の本を掲載しているが,今年の計40人の計120冊のうち,読んだのは5冊,読みたいと思ったのは2冊(末延隆成他『自衛隊の存在をどう受けとめるか』,熊野純彦 『本居宣長』)だった。

Mothering

 次の8冊を面白く,また興味深く読んだ。(読んだ順)

Morton, Kate『秘密』(東京創元社, 2013. 330p.)
中山可穂『娘役』(KADOKAWA, 2016. 211p.)
DeLeon, Jana 『ワニの町へ来たスパイ』(東京創元社, 2017. 314p.)
Smith, Dominic『贋作』(東京創元社, 2018. 421p.)
Swift, Graham『マザリング・サンデー』(新潮社, 2018. 170p.)
Jackson, Mick『こうしてイギリスから熊がいなくなりました』(東京創元社, 2018. 165p.)
鈴木達治郎『核兵器と原発 : 日本が抱える「核」のジレンマ』(講談社, 2017. 214p.)
坪内祐三『新・旧銀座八丁東と西』(講談社, 2018. 325p.)

12月28日(金)
 今年1年の間に,映画館で観た映画は,36本だった。良かったのは次の6本(鑑賞順)。

『ハッピーエンド』 (Happy End,2017,ミヒャエル・ハネケ,フランス;ドイツ;オーストリア)
『さよなら、僕のマンハッタン』 (2017,マーク・ウェブ,米国)
『29歳問題』(2017,キーレン・パン,香港)
『ファントム・スレッド』 (Phantom Thread,2017,ポール・トーマス・アンダーソン,米国)
『おかえり,ブルゴーニュへ』(Ce qui nous lie,2017,セドリック・クラピッシュ,フランス)
『彼が愛したケーキ職人』 (The Cakemaker,2017,オフィル・ラウル・グレイザー,イスラエル;ドイツ)

 期待が裏切られた映画。

<;a href=http://blog.livedoor.jp/p-5762508/archives/52794785.html">『インクレディブル・ファミリー』

2018年12月23日 (日)

週間日誌2018-12-23(南青山,立川志の輔,『スカイライト』,ラグビー)

12月22日(土)
 大学ラグビーの準々決勝の対早稲田戦。最後までリードしていたが,逆転されて敗戦。高校3年の花園以来の4年生たちが,一度も早稲田に勝つことがなかった。可哀想。テレビで観ていたが最後の攻防は,観ることができなかった。半日,気落ちし,機嫌悪く過ごす。

12月20日(木)
 新国立劇場小劇場へ行く。小劇場は,座席のレイアウトを変えることができ,今回は,舞台の両側に座席が配置されたセンターステージ型だった。『スカイライト』は,デイビッド・ヘア作,1995年初演の英国のロンドン郊外の,アパートの冬でも電気ストーブが一つしかない貧しい室内が舞台で,かつて関係のあった30歳ほどの女性の学校教員と50歳くらいのビジネスマンの2時間半近い対話劇。演出は小川絵梨子,キャリー・マリガンも演じたことがあるという女性役は蒼井優。

 復縁を迫る男に対して,未練は残るものの,同意しない。「常に綱渡りのような緊張を孕み、ちょっとした一言で均衡が大きく揺らいでいく」ということなのだが,全くの俗物で,高圧的で,わめきちらす身勝手な男を,女が直ぐに追い出さないところをみると,英国の男はこれでもましなほうなのかと思ってしまった。ちょっと若すぎて狡さが感じられなかった。

 一方,女は,台詞から判断すると,挫折して,今の生活からどうしても抜け出せないのだが,自尊心から教師として恵まれない子を育てることに生きがいを感じていると言い張って自己弁護するのだが,演出や演技からは,強情さはともかく,その悲しみはあまり伝わってこなかった。

12月18日(火)
Shinosuke2018  EX THEATER ROPPONGIで「志の輔らくご in EX 2018」をきいた。このEX THEATERは初めてであるが,大きく地下に広がっていて。B3Fフロアで,抽選で当たった席はB1で三階席だった。

 立川志の輔は,長い間,冬に渋谷のパルコ劇場で一か月の公演をしていた。パルコが立て替えとなったので,この三年間,EXで12月に5日間の公演をしてきた。ところが,再来年には新しいパルコ劇場が出来るので,EXは今年が最後,そして本日が5日目で最後とのこと。

 演目は,「踊るファックス」と「歓喜の歌」。「歓喜の歌」は,映画にもなっている有名作品であるが,落語の終わった後,幕が下り,しばらくたって幕があくと,燕尾服姿の志の輔の指揮により50人ほどの女声合唱で「歓喜の歌」が流れるという演出だった。

 落語の用語で「まくら」というのか,演目前の雑談で,今年を振り返り,始球式,ホールインワン,映画主演などをエピソードの焦点をずらして自慢になるのを避けながら,常識人らしく淡々と語るのが,いかにも志の輔の話芸らしかった。

 富山空港内の飲食店にサラリーマンらしい男に続いて入った。その男は,かけうどんを頼み,自分は,かきあげうどんにした。やがて店のおばさんが盆に。かけうどんとかきあげうどんを載せて,先に男のところに行った。おばさんが「かけうどんですね」というとその男は,「かきあげうどん」と言って,かきあげうどんをとって食べ始めた。おばさんは,あわてて,自分のかけうどんにかきあげを入れてくれたが,心がざわついて味もしなかった。いったいあれは何だったんだろう。という話が一番面白かった。

 ウィキペディアによると「歓喜の歌」は,2004年初演だった。人情というより,人々の生活の断面を映しだした新作落語の傑作だが,ママさんコーラスということばとともに今の世相とは少しずれている。ファックスも影は薄くなっている。志の輔師匠は,さすがに敏感で,今後,演じることはないだろうとのこと。

12月17日(月)
 港区が青山に建設しようとする児童相談所に反対する人々がいるらしい。この建設予定地は,骨董通りのこちら側,Dolce&GabbanaだのTheoryだのHYSTERICSなどが立ち並ぶ通りの間にあるが,だからといって,この辺りは高級住宅地ではないし,異様な感じさえするブランド店群もたまたまここにできただけのこと。

 足りないと言われている児童相談所が出来るのは結構な事だ。この騒動は,地元の不動産業者が関わっていたというだけで底が知れる。「資産価値」などと言ってもオリンピックが終われば,この辺りの地価は下がるに決まっている。テレビの取材で顔を隠してあからさまな差別的な言辞をまきちらす人々の存在こそ青山の「資産価値」を下げている。

2018年12月16日 (日)

週間日誌2018-12-16(英国,テレビドラマ,文楽,ラグビー)

12月16日(日)
 ラグビーの大学選手権の三回戦があった。慶大は,京都産業大学,明治大学は立命館大学と対戦。

 京産大はフォワードが強いが,今日はバックスが頑張った。慶應は,序盤リードしたものの,ラインアウト失敗と細かいミスがひびきリズムを崩し,一時は1点差までに追い上げられた。最後は,慶應がスクラムで圧倒しはじめ,二度のスクラムトライをあげて鬱憤を晴らした。

 明治は,80分間集中力が保てないようで,今日も点差があったものの後半に立命館大に翻弄された。

12月14日(金)
 温泉に行ったが,食事処で一人泊の若い女性が数人いたのに驚いた。ごく普通の20歳代の方々だった。

12月13日(木)
 国立劇場小劇場の文楽公演は,今回は「鎌倉三代記」「伊達娘恋緋鹿子」のみ。 
 「鎌倉三代記」は,鎌倉時代を舞台としているが,実質的には大坂夏の陣の木村重成と千姫が主人公。男の病気の母に尽くそうとするお姫様なのだが,家事が何もできないし,言葉遣いは不自然になってしまう。そこで,村の大酒飲みおばさんが,米の研ぎ方を教える場面がリアルで可笑しい。文楽で客席のそこここで笑い声が上がるのは久しぶりのことだった。最後はいつものように,無理な理屈での自己犠牲比べになる。

Oshichi  「伊達娘恋緋鹿子」は,八百屋お七を題材としているが,お七が半鐘を鳴らすために火の見櫓に昇っていく箇所が見所である。以前,文楽教室で解説付きで観たことがあるが,今回のは鮮やかで不思議だった。

12月12日(水)
 今回観ていた唯一のドラマは,新垣結衣の「獣になれない私たち」(NTV,野木亜紀子脚本)だったが,期待外れに終わった。新垣結衣と黒木華に身をつまされる人もいるのだろうとは思うが,少しも進展しないドラマは,もどかしい。最終回の新垣結衣と松田龍平の発言,行動が,もっと早い回でなされると新味のある展開となっただろうに。それに,黒木華でなくともよかったと思うし,松田龍平はミスキャストではないかとも思った。

 2018年のドラマは,「義母と娘のブルース」(TBS,森下佳子),「半分,青い」(NHK,北川悦吏子),「透明なゆりかご」(NHK,安達奈緒子),「ブラックペアン」(TBS,丑尾健太郎),「グッド・ドクター」(フジ,徳永友一、大北はるか),「植物男子ベランダー」(NHK),「もみ消して冬」(NTV,金子茂樹)がよかった。

 英国のEU脱退で,政府案の議会の投票は11日に行われるはずだったが,延期された。保守党ではメイ首相の信任投票があり,なんとか信任された。メイ首相は,八方ふさがりの中で,投げ出さず,ここまでやってきた粘り強さに驚く。しかし,この先どうなるのかが全くわからない。政府案への支持は薄いが,成熟した国であるはずの英国ではブレグジット投票のような常識外のことが起きるので,メイ首相はそれを期待しているのだろうか。

2018年12月10日 (月)

週間日誌2018-12-09(駅名,大相撲,洋食,カーリング)

12月9日(日)
 今年から新しく始まったカーリング・ワールドカップは,第一レグ(中国,蘇州市),から第三レグ,それにファイナルから構成されている。9月の第一レグ(中国,蘇州市)では,カナダが優勝し,スウェーデンが準優勝だった。今週,第二リグが米国のオマハで開かれている。女子の出場国は,カナダ,ロシア,韓国,米国(以上A組),中国,日本,スコットランド,スウェーデン(以上B組)で,組の中で二重予選,すなわち総当たりを二回行う。日本代表はLS北見であるが,予選で5連勝して,最後にスコットランド(ミュアヘッド)に負けた。スウェーデンのハッセルボルグには,二度とも勝った。

 その結果,LS北見は,A組で4勝2敗の韓国と決勝戦で戦うことになった。韓国代表は,キム・ウンジョンのチームで,LS北見は,平昌オリンピックの決勝トーナメントで8-7,先だってのパシフィックアジアカーリング選手権の決勝戦でも逆転され12-8で負けている。

 そして,決勝戦。第5エンドまで6-3で負けていたが,スティールを繰り返し,7-6で逆転勝利,優勝。

12月6日(木)
 昨日,恵比寿で映画を観た後,池袋のジュンク堂書店に行った。途中,池袋西口のロマンス通りにある「キッチン・チェック」に行った。この三年間,月に二度ほど通っていた洋食店である。ランチは,750円で,お得で昼食時の客のほとんどはこれを注文する。しかし,頼むのは「ポークソテー」か「チキンドリア」であるが両方とも出てくるまでにランチの2倍以上の時間がかかる。今回は「チキンドリア」が出てくるまでに20分以上待った。熱いので,食べ終わるまでにも時間が必要だった。

 ここで,いつかは「ペッパーステーキ」を食べようと思っているが,やや高いためか,まだ注文する客を見たことがなく,ためらっていた。今回,初めてこれを注文した二人連れのサラリーマンがいた。もうためらう理由はなくなった。

 ジュンク堂書店で,刊行されたばかりの9年かけてゼロから翻訳したという『聖書 聖書協会共同訳』を調べる。

12月5日(水)
 大相撲の貴ノ岩が自分の付け人を素手で数回殴ったことが判明。元貴乃花親方や弟子たちを支援する立場に立つテレビコメンテータやスポーツ新聞記者たちにとっては何とも間の悪いこと。依然として相撲協会を責めようとする人々がいるものの風向きは変わった。

Oozumouhon  たまたま読んでいた坪内祐三『大相撲新世紀2005-2011』(PHP研究所,2012)に2007年に起きた「時津風部屋力士暴行死事件」のことが出てきた。時津風部屋に入門した17歳の少年が集団暴行を受け死亡した事件である。その時,強い非難を浴び,相撲協会は,以後,部屋での暴力を無くすための努力をしてきた。ただ,他のスポーツとは異なり,相撲は,部屋という特殊な組織で集団生活を送っているためにいじめや暴力に近い環境にある。部屋をなくせば大相撲ではなくなるし,困ったことである。

12月4日(火)
 山手線の新駅の駅名は「高輪ゲートウェー」となった。投票では130位だったそうだが,最初から決まっていたのではないか。JR東日本にセンスの良さを期待するのは無理だが。

 それよりも,無理矢理,新駅を作ることに疑問がある。リニア中央新幹線の東京駅は品川駅の直下であり,高輪に駅が必要とは思われない。地下鉄銀座線の「溜池山王」駅ができて以来,ここを通るとき実際に時間もかかるようになり,今でもまだ余計な一駅があるという心理的な負担が残っている。山手線の乗客も気の毒に。

2018年12月 2日 (日)

週間日誌2018-12-02(『モンテ・クリスト伯』,紅葉,『カササギ殺人事件』)

12月1日(土)
Magpie  評判の高いアンソニー・ホロヴィッツ『カササギ殺人事件』(Magpie Murders,山田蘭. 東京創元社,2018)を読み終えた。英国のバースに近い小村で2件の殺人事件が起き,余命わずかな名探偵が関係者を調べ,犯人を指摘しようとするところで,翻訳書の「上」は終わった。怪しい人物たちや手がかりは与えられていて,ここまでで一篇のミステリとなっている。しかし「下」では,これが背景に引き下がり,額縁となる話が語られていくという凝った趣向である。

 最近のミステリは,あざとい。全米ベストセラーで朝日新聞にも書評が載ったA・J・フィン『ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ』(The Woman in the Window, 池田真紀子訳. 早川書房, 2018)は,広場恐怖症で家の外に出られず,アルコールとドラッグの中毒で幻覚症状のある中年の女性精神分析医が隣家の殺人事件を目撃するというのが上巻だった。エイミー・アダムズとジュリアン・ムーアで映画化とのこと。

11月28日(水)
 紅葉は長引き,東京は,今週がピークのようである。外苑の銀杏並木は,毎年,まだら模様で,この時期,すっかり葉の散った樹もあるが,青山通り側の入口の二本はまだまだなのがもどかしい。

Kaede2018  昨年から,真っ赤に紅葉した樹を近くでみたいと思っていたが,散歩の途中で人が全くいない場所に,楓があることがわかった。しかし,周辺の樹木が邪魔をして朝方,光が届かない時は,暗い色でしかない。昼前に行ってみると,ようやく陽の光があたって満足できる状態になっていた。楓の写真がみな同じようなのは,きれいに見える角度は限られているからだった。

11月26日(月)
 ワイド版岩波文庫でアレクサンドル・デュマ『モンテ・クリスト伯』(山内義雄訳,2013)を読み終えた。7冊である。子供の頃に読んだのは,多分,大日本雄弁会講談社の世界名作全集の第3巻『巌窟王』(野村愛正,1950)だった。これが,かなりうまく要約してあったことが,今回,全訳を読んでよくわかった。エドモン・ダンテスが,脱獄し,財宝を得て,モンテ・クリスト伯爵になってパリに来てからが冗長だった。複雑な計画を立てて,散財しながら手の込んだ復讐をするのであるが,モンテ・クリスト伯が全能であることが何度も強調されるのにうんざりするし,一方では,辻褄の合わない箇所もでてくる。事情があって分量が多いのであろうが,長くなればなるほど,悪人側が哀れになってくる。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »