« 週間日誌2018-11-18(錦織選手,『元禄忠臣蔵』,「シルス・マリア」,「フェルメール展」観客,ラグビー) | トップページ | 週間日誌2018-12-02(『モンテ・クリスト伯』,紅葉,『カササギ殺人事件』) »

2018年11月25日 (日)

週間日誌2018-11-25(ゴーン氏,ラグビー,銀座通り)

11月25日(日)
 来年の日本開催のラグビーワールドカップでは,日本代表(2018年11月現在11位)は,予選リーグで,ロシア(19位),アイルランド(2位),サモア(16位),スコットランド(7位)の順で対戦する。昨日24日にそのロシアと日本代表は英国で試合をし,32-27でようやく勝った。レギュラーを外し,若手中心だったが,ロシアは,防御がしっかりしており,しかもキッカーが上手なので,攻め手のないまま推移,日本はベテラン勢の力でようやく終盤に逆転した。

 ワールドカップでは,日本対ロシア戦は,開幕戦であるし,ロシアはかなり強いことがわかり,しかも日本に勝って予選突破の足がかりを作りたいわけであるから,日本代表は,レギュラーメンバー総出で勝ちにいくしかない。けれども,日本代表は,第一戦で力を使い果たすと,次に対戦する最強のアイルランド戦が苦しくなる。難しいことになった。

11月25日(土)

 六本木の青山ブックセンター六本木店の前を通った。「文喫」という題名で「本と出会うための本屋 入場料1,500円 きっと本が好きになる」と書かれた掲示があった。調べると,約3万冊の書籍を販売し,「選書室」「閲覧室」「研究施設」「喫茶室」からなり,12月に開店するようだ。

 入るときには入場料1,500円を払ってバッジを貰うが,おかわり自由の珈琲・煎茶付きとなっている。喫茶店なら飲食施設として各種許可が必要であるが,こうすれば,問題ないらしい。勘違いがあるように思うが,「神保町ブックセンター」を褒めそやす人もいることを考えるとこれからはこえでよいのかもしれない。

11月24日(金)
Ginzahigashnishi  坪内祐三『新・旧銀座八丁東と西』(講談社, 2018. 325p.)は,銀座三丁目西から銀座六丁目西まで,16章で銀座の一丁目から八丁目を東西に分けて,自分の記憶を中心に数多くの著作を引用しながら取り上げている。南伸坊氏の装丁,挿絵も素晴らしい。言及されるのは飲食店が多いが,絶妙な語り口に,読みふけってしまった。やはり,記憶力の凄さには驚かざるを得ない。高校生から大学の頃についても写真的な記憶力があるらしい。

 この中で,東と西を分けるのはもちろん銀座通りである。巻頭の地図には。「中央通り」とあるが,著者は「銀座通り」とおそらく意識的に書いている。銀座一丁目から八丁目までの中央を貫いていて,地下鉄銀座線の走る通りは「銀座通り」である。

 1961(昭和36)年7月19日の読売新聞には「『中央通り(銀座ー上野)』など都内道路の愛称仮決定」という記事があり,「都通称道路名設定審議会」が都内30路線の通称を仮決定し,「銀座通りは範囲を新橋-京橋-日本橋-上野までにのばして『中央通り』と」したと書かれている。その後の記事はない。銀座通りを東京都の審議会が決めたからというので忠実に「中央通り」と新聞もテレビも呼ぶことになったのだろうが,おかしなことだ。

 もう一つ,「GINZA SIXなどというダサイ建物」,交詢ビルは醜い,資生堂本社は要塞のよう,というのにも同感。エルメスのビルも銀座プレイスもどうかと思う。

11月23日(金)
 外苑銀杏並木は人出は多く,秩父宮ラグビー場裏門に行くには,のろのろ歩く見物客をかき分けていかなければならない。大学構内のラグビー部のチケット販売所で購入した席は,若いラグビー部OBらの真ん中だった。

 もし今日,早稲田に勝てば,早慶戦8年ぶりの勝利,対抗戦の優勝確実となるはずだった。一昨年は,25-23,昨年は,23-21で負けた。しかし,今年もまた21-14で敗戦。ラグビーには後から考えると脚本があったかのような試合があるが,今日の試合もそうで,終盤,リードした早稲田がキックの失敗などを重ねてもたもたする内に,勢いが出て,追いつくストーリーを夢想した。怪我気味なのだろう毎年,早稲田戦にしか出てこないウィングの選手がいるのだが,4年の彼が最後に会心のトライを挙げるという筋書きかと思ったが,そうではなかった。

11月19日(月)
 NHKの相撲中継の途中午後6時近く「日産 ゴーン会長を事情聴取 金融商品取引法違反の疑い」というテロップが出て。「逮捕へ」となった。何が起きたのかわからなかった。別の大きな事件の一環かとも思った,そうではなく,今のところは金銭問題である。

 シンガポールの華人富裕層の豪勢な住まいや浪費ぶりを『クレイジー・リッチ!』で観たばかりなので,テレビで映し出されるブラジルやベイルートのゴーン氏の住まいは慎ましやかに見えた。細工をして得た数十億の金は,投資などに費やされたのだろうか。何もしないでも不動産から巨額の収入があるシンガポール富裕層は,使い途がなくて困っているらしい。

« 週間日誌2018-11-18(錦織選手,『元禄忠臣蔵』,「シルス・マリア」,「フェルメール展」観客,ラグビー) | トップページ | 週間日誌2018-12-02(『モンテ・クリスト伯』,紅葉,『カササギ殺人事件』) »