« 週間日誌2018-07-22(シスジェンダー,猛暑,御嶽海) | トップページ | 週間日誌2018-08-05(肉まん,気象,インクレディブル) »

2018年7月29日 (日)

週間日誌2018-07-29(祇園祭,狂言,台風)

7月28日(土)
Gyakkou  気象庁はしきりに「西寄りの異例のコースを進むため、雨や風の強まる場所などが通常と異なり、これまでの経験が通用しない可能性がある」と言っている。要するに風や雨の吹き付ける方向が普通の台風と逆になるので,どのような被害が出るかわからないので心してくれということである。トランプ大統領が出現すると台風まで逆向きになるのか。

7月26日(木)
 台風12号が発生。日本列島に東側から近づくコースだったが,テレビなどの気象予報士の説明に「寒冷渦」という専門用語が使われたが,この「寒冷渦」自体はほとんど説明がなかった。「寒冷渦」などというものが日本の近くにあるのなら,もっと涼しくてよいはずと思う。気象予報士は,気象庁の発表と異なる予報はできないのだろうが,目新しい専門用語の説明はしてもよいのではないか。それとも,そこまで統制下にあるのか。

7月25日(水)
Yasakakyougen  八坂神社に行き,「八坂神社御神事御後宴奉納狂言」を観た。以前に一度観たことがあるが,その時は,古い木製長いすに座ってみることができた。今回は,大変な暑さにもかかわらず,観客が多く,立ち見となる。外人客もいるが,狂言には言葉あそびがあるので,日本語を知らないとわからないだろう。前にいた中国人の二人連れは直ぐにいなくなった。五世茂山忠三郎「以呂波」,それに「蚊相撲」,「しびり」を拝見。

 時々,おにぎりを買っていた錦市場の「中央米穀」が店をたたんでいたのにショックを受ける。

 たまたま,BSジャパンで女子ホッケーワールドカップロンドン大会の中継を観た。日本代表「さくらジャパン」は,世界順位12位で,グループリーググループDでの第一戦は,5位オーストラリアに3-2で負けて,今日は,4位ニュージーランドと対戦。ホッケーは,ほとんど観戦経験がなかったが,これは緊迫した面白い試合だった。日本は,果敢に攻め,先取点,追加点をあげたが,1点を返された。しかし,最後まで守り切って2-1で勝った。前回の男子ラグビーワールドカップの日本対南ア戦のような番狂わせだった。

7月24日(火)

 昨年同様,祇園祭の後祭を観に行く。朝早い新幹線で京都駅へ。地下鉄で御池で乗り換え,市役所前で降りる。やはり降りる客は多い。昨年は籤改めの場所を知らずに,探し回ったが,今回は直ぐに発見した。観客席の後ろが木陰になっていて,多って眺めるのだが,陽射しはあるが,風も吹くので暑さが我慢できないほどではなかった。ちょうど,先頭の「橋弁慶山」が籤改めに到着したところである。昨年だったか,「鯉山」のタペストリについてNHKの番組で扱われていた,描かれているのは,『イーリアス』の一場面。後祭は10基で,「橋弁慶山」や三つの山鉾は,いずれも籤なしなので,籤ありは6基だけ,籤紙が飛んでいったりせず無事に終了。

Oofunaboko

 「大船鉾」の御池通りから河原町通りへの辻回しを観た。

 かき氷を食べていたら,後祭帰りの舞妓さん,芸妓さん,女将さんのワンセットが入ってきた。一目で本物とわかる。

 夕方には暑さは多少弱まり,大勢の男たちがかつぐ還幸祭の神輿とすれ違う。四条の御旅所を出発した三基の神輿はそれぞれ異なる経路を通って八坂神社に戻る。午後11時に戻ると,八坂神社の境内の明かりは全て消される。その時,毎年必ず冷たい風が吹くとのこと。


« 週間日誌2018-07-22(シスジェンダー,猛暑,御嶽海) | トップページ | 週間日誌2018-08-05(肉まん,気象,インクレディブル) »