« 週間日誌2018-04-15 | トップページ | 週間日誌2018-04-29(カフェ,『半分,青い。』,カーリング) »

2018年4月22日 (日)

週間日誌2018-04-22

4月22日(日)
 朝3時に起きて,NHKBSでスウェーデンのエステルスンドで開催されているカーリングのミックスダブルス世界選手権の藤澤/山口組の第一戦を観た。予選は,40か国が5組に分かれて7戦し,16チームが決勝に進む。日本はミックスダブルスは,20位で,初戦は21位のニュージーランドだった。曲がりやすいシートで,両チームとも氷を読むことができなかったが,藤澤/山口組のほうがミスは少なかった。ところが,延長戦で優位に立ったものの最後の一投が届かず,7-6で負けてしまった。

4月21日(土)
 NHK総合の「ブラタモリ」のアナウンサーは,2年務めた近江友里恵さんから林田理沙さんに代わった。福岡に行くたびに,NHKでニュースを読む林田さんを何度かみて覚えていた。タモリの相手は難しいだろうし,緊張していることはよくわかった。近江さんはあまり,勘が良くなかった。抜群に勘の良いタモリに対して,地のままで対応し,タモリを立てようとしていたのかもしれない。桑子真帆さんは,天性の才能で距離感を感じなくさせていた。林田さんに期待しているが,芸大大学院出身で絶対音感があるということはどう働くのだろう。名字を音読みして「リンダ」と呼ばれているのだが,タモリがその愛称を使いたくないというのも何となくわかる。もっともタモリが女性アナウンサーの名を呼ぶことはないのだが。

4月20日(金)

AitsutoDVDで『あいつと私』(中平康,1961年)を観た。当時の大学生の話で「あいつ」は石原裕次郎,「私」は芦川いずみ。冒頭に日吉の銀杏並木や校舎が出てくること,教室にいる学生の半分は女子学生であること,1960年6月の安保の国会デモが出てくること,芦川いずみの妹役は16歳の吉永小百合であることなど驚くことが多かった。育ちが良く,素直,清楚,勝ち気,豊かな感情,正義漢の女子大生に芦川いずみは似合っている。清潔さという点で群を抜いている。

4月18日(水)
 change.orgの「財務省は、セクハラ告発の女性に名乗り出ることを求める調査方法を撤回してください」のキャンペーンに署名したとたん,福田財務事務次官の辞職報道があった。

4月16日(月)
 2015年からホンダはF1に再挑戦し,マクラーレンチームにエンジンを供給したが,3年間芽が出ず,契約は解消となり,2018年からトロ・ロッソと組むことになった。第1戦はリタイアしてしまったが,第2戦バーレーンでは,トロ・ロッソ・ホンダのガスリー選手が4位になり,一躍,ホンダの評価が上がった。ところが15日の中国グランプリでは,最下位だった。どちらが本当か。


« 週間日誌2018-04-15 | トップページ | 週間日誌2018-04-29(カフェ,『半分,青い。』,カーリング) »