« 週間日誌2018-03-25 | トップページ | 週間日誌2018-04-08 »

2018年4月 1日 (日)

週間日誌2018-04-01

3月31日(土)
 米国のテレビドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』は,NHKで放映されたが,観ていなかった。秀作『ラブ・アゲイン』のスタッフが作っていると知り,第1話から第4話をDVDで観た。登場人物の間の関係を最初に伏せているのは『ラブ・アゲイン』と同じ。米国の普通の人たちの日常生活だが,小さなひねりが随所にあって,テレビの賞を次々に得ていることに納得した。

3月29日(木)
 宝塚駅から大劇場への「花のみち」の,満開の桜並木を初めて観た。音楽学校の合格者発表は終わっていた。宙組公演 『天(そら)は赤い河のほとり』は,トップのお披露目公演。90分にコミック28巻分を詰め込むのは辛いことだ。原作を読んでいないが,ヒッタイトやエジプトの背景説明から,結構複雑な人間関係,各エピソードの決着まで含まれていて,大枠とポイントはよくわかった。レビューも見応えがあった。

3月28日(水)
 昨年は行けなかったが,今年は,京都に桜を観に行った。京都のソメイヨシノは,4月はじめに咲き,平安神宮の枝垂れはさらに遅い。例年この時期に咲くのは,醍醐寺霊宝館とその回りや祇園白川,京都御苑,本満寺などの紅枝垂れ桜である。ところが今年は,どこでもイトザクラ,ソメイヨシノ,ヤマザクラ,オオシマザクラが一斉に咲いていた。水辺に行けばどこにも満開の桜がある。
Reizei_sosui

 タクシーの運転手も桜の咲きぶりに驚いていた。また,秋に比べて春のシーズンは短いのに,観光客が押し寄せる4月には散ってしまっていると嘆いていた。

3月27日(火)
 大横川お花見クルーズというのがあり,オンライン予約ができることを知り,まだ空きがあったので申し込んだ。40人ほどが乗り込んだ船は,門前仲町の大横川乗り場からいったん隅田川に出た後,大横川に戻って,川の両岸のどこまでも続くソメイヨシノの並木を見せてくれる。1時間足らずであるが,乗客の満足度はかなり高い。

3月26日(月)
 早朝に起きてカーリング選手権女子の決勝戦を観る。決勝戦は,カナダ対スウェーデンであるが,カナダがリードし,スウェーデンが追いかける緊迫した展開となり,第10エンドでスウェーデンが2点をあげ6-6と追いつき,延長戦となった。後攻はカナダで,スウェーデンのスキップ,アンナ・ハッセルボリ選手のカナダのナンバーワンストーンを狙った最後の一投が,空しくスルーして終わった。2016年の日本対スイスの決勝戦でも,負けたLS北見の藤澤選手の最後の一投はスルーだったことを思い出した。


« 週間日誌2018-03-25 | トップページ | 週間日誌2018-04-08 »