« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月25日 (日)

週間日誌2018-02-25

2月25日(日)
 オリンピック女子カーリングの3,4位決定戦の後,英国というかスコットランドの副スキップのアンナ・スローン選手は,「オリンピックでは、第4位が最悪の場所だとみんなが言っている」と語ったそうだ。カーリングの選手権では独特の複雑なプレイオフの仕方があり,順位に従いアドバンテージが与えられていて,4位は負ければ直ぐに排除され,る。オリンピックでは,予選を通過した後,予選順位のアドバンテージはほとんど無く,どのチームも2回試合をするが,ひとチームだけメダルがない。
Playoffcurling

 英国の最後の一投が,日本の黄色ストーンに強く当たり,そのストーンが中央に留まるまで,ほんの僅かな時間だった。選手たちもテレビでよい角度でみている我々も,一瞬,信号,あるいは情報として伝わっても起きたことが理解できなかった。2点取られることもあったのに,日本に1点入り,第10エンドなので,これで日本の勝ち,そして銅メダル獲得であるというように理解するのに,時間がかかった。中央に押し出された黄色ストーンは,日本チームに「はい,ご苦労様,銅メダルだよ」と言っているようだった。カーリングのテイクショットでは,ストーンがあたった後のストーンの行き先は,運とは違った,人智の及ばない領域のように思えた。

 『ガーディアン』紙のインタビューで英国のスキップのイブ・ミュアヘッド選手は,「負けたどの試合も辛い。今回は特にそうだ。チャンスがあったのに生かせなかった。立ち直るのには時間がかる」と言っている。ミュアヘッド選手の最後の一投が投げられた後,藤澤選手は,「あれっ,違う」と思ったそうだ。スローン選手は「off,off」と叫んだらしい。黄色ストーンが中央にきたら,素早い反応を見せたのは英国の選手で,手袋を脱いで,日本選手に握手を求めてきた。つまり,投げた時には既に異変があったことになる。経験豊富なミュアヘッド選手が,プレッシャーに弱いとは思えないが,何か葛藤があったのだろうか。

 今回,あらためて理解したが,スコットランド生まれのカーリングには,審判がいないフェアプレイを前提としたゲームである。そのため,相手の暗黙の諒解を前提に,ストーンを蹴出したりしている。相手の失投を喜ばないことが,観客にまで求められている。今回,ミュアヘッド選手のミスで,日本が勝ったわけだが,日本の選手たちが喜ぶまで間があったのは,相手チームをおもんばかったからと思われる。

2月24日(土)
 三河湾と知多湾を囲む知多半島と渥美半島は北と東から90度くらいでせり出している。向かい合っている両半島の突端を結ぶ航路があることを知り,以前から乗ろうと思っていた。名鉄名古屋駅に行き,知多半島の河和(こうわ)を目指す。愛知県の電車は,地下鉄,JR東海以外は,全て名鉄である。以前,愛知県出身の学生が東京に来て戸惑ったのは名鉄がないことだと言っていたのを思い出した。名鉄には名古屋本線という幹線があって,そこから数多くの支線が枝分かれしている。旅行者には,乗り換え案内がなければ路線図や時刻表だけではどれに乗っていけばよいかわからない。それに河和,内海,弥富などといった終点駅名にあまり馴染みがない。ともかく,河和行き名鉄特急(一部指定)に乗った。一部指定のある特急には,先年,南海で出会って戸惑った。関東では,特急は,指定無し無料か,前車指定有料である。

Nanohana  名鉄名古屋から45分ほどの河和駅からは河和港はすぐで,名鉄の伊良湖岬行きの高速船に乗った。定員は100人くらいだが,乗船したのは10人ほどだった。穏やかに晴れた空のもと,海に出ると右側に,知多半島のチッタナポリというリゾート施設の34階建てのタワーが見え,左側からは,自動車輸出金額で国内2位の三河港からの自動車運搬船が近づいてくる。他の観光客は日間賀島で降り,次の篠島からは,カートを引っ張った地元の中年女性が数人乗ってきた。渥美半島の風力発電装置や火力発電所が見える。伊良湖岬からは,バスで半島の途中にある田原まで行く。約50分かかった。早くも菜の花が咲き始めていた。田原には,豊橋鉄道渥美線の駅があり,これに乗って,新豊橋まで向かった。

2月23日(金)
 最近は,どこのビジネスホテルも朝食は,ビュッフェ形式で,質や味はともかく,品数は豊富である。昨年,朝食激戦区の函館の大きなホテルに泊まったとき,刺身や酢飯があって,海鮮丼を作ることができたり,その場で焼いてくれるステーキがあったりした。
 今週泊まったホテルは,普通の出来だったが,ふと近くの三十歳くらいの男性客の皿をみたら,どうということのない品々をきちんとバランス良く美しく盛りつけているのをみて感動し,工夫のない自分に反省した。

2月20日(火)
 全てのNHKのニュースは,オリンピックの日本選手の成績から始まる。また,羽生選手の演技やスケートの映像を繰り返し繰り返し見せる。これは,どのような視聴者を想定しているからなのだろうか。今は,NHKは高齢者しか見てくれない。NHKのプロデューサーは,老人には,繰り返して見せないと伝わらないと思っているのだろう。


2018年2月18日 (日)

週間日誌2018-02-18

2月18日(日)
Eiga100  『スリー・ビルボード』(Three Billboards Outside Ebbing, Missouri,マーティン・マクドナー監督,2017)は,町山智浩氏の解説を読まないとよく理解できない映画と言われている。その町山智浩氏の『今のアメリカがわかる映画100本』(サイゾー,2017. 350p.)は,2005年から2017年までの米国映画100本を取り上げ,3ページで紹介している。この中で観たのは16本しかない。これらの映画を背後にある,貧困,人種差別,移民,ヒルビリー,環境汚染,同性愛,DV,ドラッグ,盗聴,巨大企業のエゴイズム,警察の腐敗などを説明し,さらには,米国では,福音派プロテスタントとカトリックが半分を占めていることが様々に影響していることを教えてくれる。

2月16日(金)
 文楽公演『心中宵庚申』を観る。近松門左衛門の最後の心中物とのこと。
 庚申(かのえさる)の日の夜に、私たちの体の中にいるサンシチュウという虫が、天帝にその人の悪事を告げにいくと考えられていました。それを防ぐために、夜通し起きて勤行したりお喋りして過ごしたりするのが宵庚申。その宵庚申に,大坂の八百屋の夫婦が心中した。夫婦が心中するのはおかしなことであるが,浜松の武家から養子にきた夫とその妻に,ヒステリックな姑が自分の甥に店を継がせようと無理難題を吹きかけ,義理を立てるには心中しなければならなくなる。この姑の言うことすることが,実に憎たらしい。

2月15日(木)
 冬季オリンピックのカーリング女子の第二戦はデンマークが相手。デンマークチームは,30歳代の姉妹がサードとスキップ,若き日のリース・ウィザースプーンとレニー・ゼルウィガーに似た18歳二人からなっている。若い二人は,叱られることも多かろうと予想した。日本は,先取点を挙げるが,逆転され,暗雲が漂い始めた。ストーンを投げる時のミスも続いた。ところが,デンマークのベテランのスキップが,失投を繰り返し,結局,日本は楽に加点し,第9エンド後にコンシードとなった。

2月13日(火)
 大学教員にとっては,逃れることのできない仕事が入試の監督である。この数十年の内に多くの大学では入試監督の手順は,マニュアル化され,精緻かつ標準的になっている。さらに,受験生への配慮は格段に改善されている。それに伴い,監督者の行動は制約されるようになっている。しかし,これも最後。

2月12日(月)
 その店の存在は知っていたが,敷居が高くて入ったことはなかった。昨年の夏に,外にかき氷の掲示が出ていたので,入って食べてみたところ,高価であったが,絶品だったので,何回か行った。かき氷が終わっても,週一回は行って,シュークリームを食べるようになっていた。まもなく閉店という噂をきき,ウェブページをみたところ,以下のような報せが,何と1年も前に出ていた。
Chocolatchic2_2


2018年2月11日 (日)

週間日誌2018-02-11

2月10日(土)
 冬季オリンピックが始まった。開会式では,気温が低く,入場行進に参加した日本の選手は1/4程度だったとのこと。東京オリンピックの開会式は,7月24日の予定。午後8時からだから,かんかん照りではないが,さぞ暑いことだろう。日本の選手は,入場行進に出ないわけにはいかない。気の毒に。

2月8日(木)
 映画やテレビドラマを観るためにフールー(Hulu)に加入している。昨年5月からフールーの外部ディスプレイ接続の仕様が変わり,デジタルのケーブルでないと視聴できなくなった。PCとディスプレイをRS-232Cケーブル D-Subで接続しても映らない。
 今,使っているパソコンは,超小型で,D-Subの他には,デジタルのディスプレイポート,HDMIしかついていない。一方,主ディスプレイには,D-Sub, DVI,HDMIがついている。二つ目の小型ディスプレイには,D-Sub,DVIしかない。そこで,主ディスプレイとはHDMI,副ディスプレイとはD-Subで接続していた。

Cables

 主ディスプレイはデジタルなので,フールーの視聴には問題ないと思っていた。しかし映らず,これではだめと警告が出る。仕方がないので,別のノートパソコンでフールーを観ていたが,これでは,面倒,PCで観たい。

 副ディスプレイの電源を落として,主ディスプレイだけにしてみたが,これでも映らない。もしやと思って,副ディスプレイのケーブルをPCから外して試してみた。そうすると,主ディスプレイで,フールーの映画を視聴できた。フールーは,PCのディスプレイポートの接続状況を全部調べ,アナログポートが使われていると映さないようになっていたのである。

 調べてみると,ディスプレイポートとDVIの変換アダプタが販売されていた。これを購入してきて,小型ディスプレイとPCを接続すると,問題は解決した。

2月7日(水)
 机の中を片づけていたら,3Dの映画用のめがねが出てきた。今,上映されている映画の中で3D版があるのは『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』くらいだろう。少なくとも日本では3Dは,標準になることはなく,一過性で終わりそうだ。

2月5日(月)
 レンタルしてきた『細雪』(市川崑,1983)を久しぶりに観た。冒頭の場面で,嵯峨野に皆で花見にきて休憩している時,雪子(吉永小百合)の菓子の食べ方に貞之助(石坂浩二)が感心する。雪子は,箸の先の菓子の小片を上下の唇に触らないよう,おちょぼ口にして,口の真ん中に持っていく。手が込んでいて,きれいに見える。何度も見合いをして,最後に華族の東谷(江本孟紀)と結婚することになり,姉二人(岸惠子,佐久間良子)は,「雪子ちゃん,粘りやはったなあ」と述懐する。雪子は,自分の意思をあまり明らかにしないが,たとえ義理が有り,釣り合いがよくても意に染まない見合い相手と結婚する気は全くなかったのだった。妙子(古手川祐子)のように自分の我を出したがる性格は,理解されやすいが類型的である。その点,雪子は,一見弱々しいがしぶといというユニークな性格である。


2018年2月 4日 (日)

週間日誌2018-02-04

2月4日(日)
 『COURRiER』の特集は,「ダイエットはオワコンなのか」。「『ダイエット』ダイエットはもはや時代遅れ。どんな体も認められるべきで,身体を変えることは現実逃避である」とのこと。心強い。

 カーリング日本選手権決勝。これに優勝すると3月31日からの世界選手権の日本代表となる。男子は,はじめて存在を知ったteam IWAIが本命のチーム北海道を下した。2014年結成のチームでセカンドとフォースは10代。
女子は,中部電力が負け,北海道銀行と富士急となり,富士急が勝った。富士急のリードは高校生。こちらも急造チーム。3対3の同点で最終エンド,北海道銀行が後攻,小笠原選手の最後の一投が中央にくれば北海道銀行の勝ちだったが,前のストーンに当たり,No.1とならなかった。直ぐに富士急が勝ったと思ったが,両者がしばらく動かず,富士急チームが喜んだのはその後だった。いったいなんだったのか気になる。

2月3日(土)
 NHK-BS1「キャッチ!世界のトップニュース」のニューヨーク在住で日本語が達者なマイケル・マカティアさんのコーナー@NYCで取り上げられたのは,トランプ大統領の一般教書演説の時,メラニア夫人が着てきた白い服だった。民主党のほとんどの議員は#MeTooの黒い服だった。メラニア夫人は,トランプ氏とダボスに行かなかった上,しきたりに反して別々の車で議会に来た。マカティアさんが,彼女の白い服は何を意味しているのかをニューヨーカー数人に尋ねて回るのであるが,それぞれが別の理由をあげて,結局,謎のままで終わった。

2月2日(金)
 小田嶋隆氏のツイート。
Odajima01
 この件は,テレビ(NHKを含む)と週刊誌の劣化度判定機となった。

1月31日(水)
 喫茶店で本を読んでいたら隣のテーブルに,30歳くらいの会社勤めらしい女性二人が座った。他の一人と三人で,近々,ハワイに行くらしい。普通のガイドブックを見て話している。
「そういえば,部屋にWifiがないんだって。どうしよう。日本から借りていけばいいね。Wifiがあれば,調べるのだってできるからさ。昔はよくこれだけで行ったよね」
 おっしゃる通り,昔はガイドブックしかなく,それで満足していた。しかし,そうした時代に海外に行っていたということなら,この人達は40歳代後半か


« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »