« 週間日誌2018-02-18 | トップページ | 週間日誌2018-03-04 »

2018年2月25日 (日)

週間日誌2018-02-25

2月25日(日)
 オリンピック女子カーリングの3,4位決定戦の後,英国というかスコットランドの副スキップのアンナ・スローン選手は,「オリンピックでは、第4位が最悪の場所だとみんなが言っている」と語ったそうだ。カーリングの選手権では独特の複雑なプレイオフの仕方があり,順位に従いアドバンテージが与えられていて,4位は負ければ直ぐに排除され,る。オリンピックでは,予選を通過した後,予選順位のアドバンテージはほとんど無く,どのチームも2回試合をするが,ひとチームだけメダルがない。
Playoffcurling

 英国の最後の一投が,日本の黄色ストーンに強く当たり,そのストーンが中央に留まるまで,ほんの僅かな時間だった。選手たちもテレビでよい角度でみている我々も,一瞬,信号,あるいは情報として伝わっても起きたことが理解できなかった。2点取られることもあったのに,日本に1点入り,第10エンドなので,これで日本の勝ち,そして銅メダル獲得であるというように理解するのに,時間がかかった。中央に押し出された黄色ストーンは,日本チームに「はい,ご苦労様,銅メダルだよ」と言っているようだった。カーリングのテイクショットでは,ストーンがあたった後のストーンの行き先は,運とは違った,人智の及ばない領域のように思えた。

 『ガーディアン』紙のインタビューで英国のスキップのイブ・ミュアヘッド選手は,「負けたどの試合も辛い。今回は特にそうだ。チャンスがあったのに生かせなかった。立ち直るのには時間がかる」と言っている。ミュアヘッド選手の最後の一投が投げられた後,藤澤選手は,「あれっ,違う」と思ったそうだ。スローン選手は「off,off」と叫んだらしい。黄色ストーンが中央にきたら,素早い反応を見せたのは英国の選手で,手袋を脱いで,日本選手に握手を求めてきた。つまり,投げた時には既に異変があったことになる。経験豊富なミュアヘッド選手が,プレッシャーに弱いとは思えないが,何か葛藤があったのだろうか。

 今回,あらためて理解したが,スコットランド生まれのカーリングには,審判がいないフェアプレイを前提としたゲームである。そのため,相手の暗黙の諒解を前提に,ストーンを蹴出したりしている。相手の失投を喜ばないことが,観客にまで求められている。今回,ミュアヘッド選手のミスで,日本が勝ったわけだが,日本の選手たちが喜ぶまで間があったのは,相手チームをおもんばかったからと思われる。

2月24日(土)
 三河湾と知多湾を囲む知多半島と渥美半島は北と東から90度くらいでせり出している。向かい合っている両半島の突端を結ぶ航路があることを知り,以前から乗ろうと思っていた。名鉄名古屋駅に行き,知多半島の河和(こうわ)を目指す。愛知県の電車は,地下鉄,JR東海以外は,全て名鉄である。以前,愛知県出身の学生が東京に来て戸惑ったのは名鉄がないことだと言っていたのを思い出した。名鉄には名古屋本線という幹線があって,そこから数多くの支線が枝分かれしている。旅行者には,乗り換え案内がなければ路線図や時刻表だけではどれに乗っていけばよいかわからない。それに河和,内海,弥富などといった終点駅名にあまり馴染みがない。ともかく,河和行き名鉄特急(一部指定)に乗った。一部指定のある特急には,先年,南海で出会って戸惑った。関東では,特急は,指定無し無料か,前車指定有料である。

Nanohana  名鉄名古屋から45分ほどの河和駅からは河和港はすぐで,名鉄の伊良湖岬行きの高速船に乗った。定員は100人くらいだが,乗船したのは10人ほどだった。穏やかに晴れた空のもと,海に出ると右側に,知多半島のチッタナポリというリゾート施設の34階建てのタワーが見え,左側からは,自動車輸出金額で国内2位の三河港からの自動車運搬船が近づいてくる。他の観光客は日間賀島で降り,次の篠島からは,カートを引っ張った地元の中年女性が数人乗ってきた。渥美半島の風力発電装置や火力発電所が見える。伊良湖岬からは,バスで半島の途中にある田原まで行く。約50分かかった。早くも菜の花が咲き始めていた。田原には,豊橋鉄道渥美線の駅があり,これに乗って,新豊橋まで向かった。

2月23日(金)
 最近は,どこのビジネスホテルも朝食は,ビュッフェ形式で,質や味はともかく,品数は豊富である。昨年,朝食激戦区の函館の大きなホテルに泊まったとき,刺身や酢飯があって,海鮮丼を作ることができたり,その場で焼いてくれるステーキがあったりした。
 今週泊まったホテルは,普通の出来だったが,ふと近くの三十歳くらいの男性客の皿をみたら,どうということのない品々をきちんとバランス良く美しく盛りつけているのをみて感動し,工夫のない自分に反省した。

2月20日(火)
 全てのNHKのニュースは,オリンピックの日本選手の成績から始まる。また,羽生選手の演技やスケートの映像を繰り返し繰り返し見せる。これは,どのような視聴者を想定しているからなのだろうか。今は,NHKは高齢者しか見てくれない。NHKのプロデューサーは,老人には,繰り返して見せないと伝わらないと思っているのだろう。


« 週間日誌2018-02-18 | トップページ | 週間日誌2018-03-04 »