« 週間日誌2018-01-21 | トップページ | 週間日誌2018-02-04 »

2018年1月28日 (日)

週間日誌2018-01-28

1月28日(日)
 大相撲春場所,優勝した栃ノ心関は,初日から千秋楽まで強かった。横綱鶴竜関は,10日目までは盤石だったが,11日以後は極端に弱くなった。大関高安関は,3日目までは勝っていたが,その後,ぐだぐだしたが8日目からは強くなり全勝。逸ノ城関も,5日目までは1勝しかできなかったのに,それ以後は無類の強さだった。要するに15日間強さを発揮できなくなっている。

1月27日(土)
 母校が選抜高校野球大会に出場することになった。話題性が乏しいのか,特に取り上げるテレビや新聞がなかったが,どういうわけか読売新聞だけが大きく紙面を割いていた。甲子園に行くかどうか迷うところである。

1月25日(木)
 ラグビーワールドカップ2019日本大会公式マスコットマスコットは獅子をイメージし、親の「レン」、子の「ジー」で,あわせて「レンジー」だそうだ。名前はともかく,洗練された感じがなく,がっかり。

1月24日(水)
Hodou  今週初めて散歩。銀杏並木の歩道には,細かい石の間に落葉した銀杏が入り込み,黄色く汚れた状態になっていた。これが今回の大雪で洗い流されることを期待していたが,積雪しても全く効果はなかった。

1月23日(火)
 2018年の直木賞候補作だった彩瀬まる『くちなし』(文藝春秋,2017,215p.)の表題作は,男から腕をとりはずしてもらい,その腕とともに暮らすというファンタジーである。たまたま同時に読んだ乗代雄介『本物の読書家』(講談社,2017,218p.)には,川端康成とサリンジャーが出てくる。主人公と常磐線のボックス席に乗り合わせたメフィストフェレスのような大阪弁の三十男が,ことごとく先回りした会話を吹きかけてくるのだが,その中で川端康成の『片腕』が出てきた。『片腕』は,「女の片腕を取り外して家に持ち帰」るとんでもない小説である。おそらく読んだことがあるはずだが全く忘れていて,図書館で読み返した。

1月22日(月)
Koteiyuki  午後から雪との予報で,外に出くなかったが,大学で打ち合わせが一つと午後4時半から試験の予定があった。これまでの経験からみて,大学は,午後あるいは夕方の授業を休講にするものと思っていた。試験の代わりのレポートの課題を用意していたが,一向に報せはなく,ウェブサイトでの発表もないので,昼過ぎに出かけるしかなかった。地下鉄は平常だったが,着いたキャンパスの芝生や木々には雪が積もり始めていた,見る間に降る雪の量は増えていった。やがて,休講にならないことがわかった。大学では,この時期には期末の行事が立て込んでいるので,休講を避けたのだろう。しかし,雪はますます勢いをました。試験には,欠席した学生はいなかった。帰りには,渋谷駅の地下で乗り換えなければならない。各駅で時間調整をする副都心線を途中で諦め,別の経路を通って帰ったが,渋谷駅は,かなり混雑していたようだ。


« 週間日誌2018-01-21 | トップページ | 週間日誌2018-02-04 »