« 2017年8月 | トップページ

2017年9月15日 (金)

鉄道からの風景と温泉津温泉

 日本の風景は,平均すればそれほど美しいとは思わないが,鉄道の車窓から景色を眺めるのは好きだ。

 ずっと昔,小学生の頃,当時の国電の座席で窓側に向かって膝をつき,外を眺めるのは今はない光景となった。あの頃の子は,風景を眺めるのが本当に好きだったのだろうか。それとも習慣だったのか。

 東京近郊の鉄道の中で,東海道線など比較的長距離の電車や京浜急行の特急もでは,一部にボックス席があり,進行方向に向かって外を見ることができる。あるいは,ホームライナーなどでは,二人がけのシートである。関西では,近郊車両や地下鉄を除き,関東よりも不愉快なロングシート車両は少なく,二人がけ席が多いように思う。電車文化の差は大きい。

 さて,ボックス席や二人がけ席で進行方向窓側に座ることができたら,窓の外を眺める。新幹線の指定席では,必ずE席を選ぶ,E席からは丹沢,富士山,浜名湖,伊吹山,比良を見ることができるからだ。海も見えないA席とは大違いである。東北新幹線もよい。山陽新幹線はじめその他の新幹線では,トンネルや高い隔壁がばかりで,本を読むしかない。

 先日,山陰線で京都から松江まで行った。特急列車,2両編成ディーゼルカー,単行のディーゼルカーを乗り継いでたいそう時間がかかる。京都の街中はあっという間で,嵯峨嵐山から城崎温泉までは,山中で,時々市街や集落が現れるが,樹木の生い茂る中を進んでいくだけである。日本海側に達すると,時々,海が見えるようになる。全体として単調であり,しかも雨が降っていたが,それほど退屈ではなかった。

 翌日,用事を済ませた後,一畑電車で出雲市駅へと向かった。松江に来るたびに,一畑電車に乗る。2両編成の電車に始発駅では50人ほどの乗客がいる。いつも子供のように先頭の運転席の直ぐ後ろに座る。ロングシートであるのは不満であるが,宍道湖の湖畔を走るので,やはり風景を眺めるのに忙しい。

Yunotsu  松江から西に特急で1時間ほどのところに温泉津温泉がある。かなり前にこの温泉のことをきいていたが,これまで,行く機会がなかった。東京から行くのはかなり難しい位置にある。ただ,温泉の評価は非常に高い。あらかじめ宿を予約していたが,あまり,期待はしていなかった。一人客を泊めてくれるのはありがたいが,きっと古いタイプの旅館だろうと思っていた。しかし,建物は改築したらしく内装や設備は整い,応対も今風だった。

 旅館のすぐ前に木造三階建ての薬師湯という源泉そのままという外湯があり,あまり長く浸からないほうが良いと言われて,おそるおそる狭い湯船に入ってみた。何だか重い感じがした。この建物の三階に展望所があり,温泉津温泉全体を見渡すことができる。山に挟まれた狭い土地の両側に温泉宿があり,真ん中に,車のすれ違うのに工夫の要る細い道が通っているだけである。そこからは見えないが,温泉津の港は,石見銀山で採掘された銀の積出港なので,温泉津温泉も石見銀山の世界遺産認定の恩恵を多少はうけているのだろう。

Sanin  次の日,温泉津からさらに山陰本線を西に益田まで行った。鉄道は,海から少し高い箇所を走っているので,日本海が水平線までよく見通すことができ,岬にはさまれた集落ごしにも海を見ることができて,大層,うれしかった。

 益田からは,山口線で新山口まで向かった。単行のキハ40 2072と2042なのであるが,どういうわけか乗客が多く,観光客が大部分なので,津和野で全員降りるかと思ったらそんなことはなかった。途中,蒸気機関車に牽かれた観光列車とすれ違ったりするのだが,あまりに変化の乏しい平凡な景色に辟易した。


« 2017年8月 | トップページ