« ドラマ『やすらぎの郷』:甘えてはいけない。時に情けはない。 | トップページ | 書店が消えたりできたり »

2017年7月31日 (月)

祇園祭山鉾巡行後祭と還幸祭

 朝早くの新幹線で京都へ行った。地下鉄に乗り換え,御池の駅から地上に上がるとちょうど,先頭の「橋弁慶山」が動き始めたところだった。
 祇園祭の山鉾巡行は,50年ほど前までは,前祭と後祭に分かれていたが,交通混雑のため,合同となっていたが,2014年からまた,前祭とは別に後祭が一週間後に別に行われるようになった。交通などより観光が優先されるようになったのだろう。
 前祭は,長刀鉾を先頭に四条烏丸方向から四条通,河原町通,御池通,新町通とまわっていくが,籤改めの場所は,四条寺町の御旅所の手前にある。いつもここで見物しているが,今年は来ることができなかった。
 後祭は,山鉾は御池通,河原町通,四条通と逆にまわるらしいが,籤改めの場所がよくわからない。地下鉄御池駅で貰った巡行の地図で示されているあたりまで歩いて行った。ようやく京都市役所前であることが判明した。前祭では,御池通に有料観覧席が設けられるが,後祭は,まだ知名度が低いためなのだろう,観覧席は設けられず,観光客は道の両端にせいぜい二列程度で待機しているだけである。観客数は圧倒的に少ない。外国人は多い。曇っているので,それほど暑くはないのが助かる。
 山鉾の速度は,おそろしくのろい。後祭の先頭で籤をとらない「橋弁慶山」については,たまたま読んだばかりの中村理聖『若葉の宿』集英社,2017. 237p.)の主人公が橋弁慶町にある小さな旅館の娘で,「橋弁慶山」も出てくる。この小説は,引っ込み思案の22歳の娘が,京都の有名老舗旅館の仲居として勤めるうちに,その旅館のトラブルを知ることとなり,自分の家の旅館をやっていこうという気になるという内容であり,登場人物の造形はまだまだであるが,続編は読みたい。
 二番目の「北観音山」は,山ではなく鉾である。三番目が「鯉山」で,少し前にNHK BSで,この「鯉山」に飾られたタペストリの由来を取り上げていた。16世紀にベルギーのブリュッセルで製作されたタペストリを切ってつなぎ合わせたもので,画題はなんとトロイ戦争のプリアモスだという。時空のかけ離れ方に驚く。ただ,残念なことに,正使が,緊張したのだろうか,籤札を落してしまった。初老の方であるが,奉行との距離が開きすぎていて,落としそうな予感がした。
Atomaturi2017  用事があったので,御池の方に向かい,最後に位置する大船鉾を見上げた。後祭復活に際して,新しく作られた。以前,宵山でみた時より,小ぶりで細い感じだった。NHKBSの中では,大船鉾の製作も扱われていた。他の鉾とは違った形であり,大勢が乗り込むので重心は高いし,辻回しはあるしで,設計のご苦労がしのばれる。
 寺町通りをやってくる花笠巡行を少しだけ観た。
 夜は,「還幸祭」があり,御旅所を出た三基の御神輿が市内を回るのであるが,これも時間がかかる,ようやく,大丸の裏の錦小路通をやってきた「西御座」に出会った。「錦」と染め抜いた法被を着た百人以上の男衆は,どういった人たちなのかといつも思う。


« ドラマ『やすらぎの郷』:甘えてはいけない。時に情けはない。 | トップページ | 書店が消えたりできたり »