« 入院 | トップページ | カーリング男子世界選手権 »

2017年4月 6日 (木)

染井吉野満開幻想

Someiyoshino201704  入院している時,桜が満開となる前に退院できるだろうという見込みがあった。そして,退院して一週間後,染井吉野が満開となった。ただ,今年の桜は失敗という感を拭えない。

 東京では靖国神社の中にある染井吉野の標準木が3月21日に間の悪いことに冷たい雨の日に開花した。しかし,その後,なかなか咲くことはなかった。そして,4月2日に突如,満開の宣言がなされた。 

 東京の桜が満開となったとテレビの気象予報士はそろって繰り返したが,その度に,他のアナウンサーは,今日見た桜はまだ満開にほど遠いという実感を遠慮無く口にした。要するに,標準木というのが少しも標準的でない桜だったわけである。しかし,気象予報士は,気象庁と異なることを言うことはできず,実感とは異なっていても満開と言い張ったわけである。

 しかし,テレビなどの天気予報全体で,誰もが桜が咲くのを待ちわびていて,満開になれば花見をするものと決めつけているのも事実である。標準的サラリーマンは花見をするという幻想から抜けることができない。それどころではない人々が大部分であるのに。


« 入院 | トップページ | カーリング男子世界選手権 »