« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月14日 (金)

病院の「改善」

 朝早くに検査の予約があり,病院に行ったら,玄関口に,白衣の医師達や,看護師長らが両側に並んで来院者を迎えているのをみて仰天した。いつから行われているのか知らないが,昨年末に読んだ本のことを思い出した。

Nagashikoumuin  山田朝夫『流しの公務員の冒険』(時事通信出版局,2016. 292p.) は,旧自治省の官僚だった筆者が,大分県久住町や臼杵市,愛知県安城市などを渡り歩き常滑市の副市長として赤字を抱えた古い市立病院の再生に取り組んだ記録である。新病院建設にあたり,無作為に選んだ市民100人の会議を開催して市民の意識を変え,市民の意見を反映するようにつとめるなど市民と病院のコミュニケーションを円滑にするようにした。そして,病院は,毎日,開院時間には,院長や看護婦長が来院する患者を出迎えるようにした。これによって,病院管理者層は,どのような人々が病院に来ているかがわかるようになった。重要なことと思う。

 入院していた病院は,来年春に大規模な新棟が完成するので,一年前から新棟開館を控えた準備が始まっている。ちょうど,入院していた頃が,4月からの新体制を導入しはじめたところだった。

 病室に入ってくる看護師は,それまでは,最初に名乗るだけであるが,IDカードをつけているので,名前がわからないということはなかった。今度からは,患者の近くにプラスチック製の名札を置くことになった。「担当看護師 ○○○○ よろしくお願いします」と書かれている。最初の頃は,これを置くのを忘れる看護師が多かった。指摘すると「二つ余っていてどこだか忘れてたけどここだったのか」と言って置いていった。交代時に回収していかないことも多かった。看護師にとっては,面倒なことが増えたということだったのだろう。病棟の看護師長が名札が置かれているか点検に来たこともあった。

 入院した時には,病室の入口には,病室内の患者の名前が掲げられていた。四人部屋なら,ベッドの配置に従って名が示されていた。ところが,この「新体制」のおかげで,病室からの病室にいる患者の名札は全て取り去られてしまった。面会者には,部屋の番号と位置しか教えないので,入院患者のところに無事に行き着けるか不安を抱かせる。さらに,看護師は何人もの患者を受け持っているが,患者は分散配置されているので,自分の患者がどこにいるか確認できないと嘆いていた。これが個人情報保護の病院界のスタンダードなのかもしれないが,愚かなことと思われた。

 外来の検査のあとの診察で,自然治癒力で治ったんですねと言われた。これまで,そば,ラーメン,肉のロース,うなぎ,生魚,それにコーヒーの摂取は禁止されていたが,暴飲暴食しなければ,もう何を食べて飲んでもよくなった。


2017年4月13日 (木)

カーリング男子世界選手権

 カナダのエドモントンでカーリング男子の世界選手権が行われていた。NHKBSでは,日本の全試合と日本は出ないが,準決勝と決勝を中継した。一日,三つのセッションがあり,各4試合が行われ,日本では試合開始が午前0時,5時,10時だったので,観戦できた。
 昨年は,4位と健闘した日本チームは,中盤までは,健闘したものの,延長戦で米国に負けたあと,最下位だったロシアには勝ったものの,最後にカナダ,スイス,中国に連敗し,7位で終わった。

  ○日本 9- 5 イタリア(9)
  ○日本 9- 6 オランダ(11)
  ●日本 7- 4 スコットランド(6)
  ●日本 5- 8 スウェーデン(2)
  ○日本 7- 4 ドイツ(10)
  ○日本 9- 7 ノルウェー(8)
  ●日本 6- 7 米国(4)
  ○日本12- 4 ロシア(12)
  ●日本 2-10 カナダ(1)
  ●日本 5- 6 スイス(3)
  ●日本 2- 9 中国((5)

 昨年,悔しい目にあった米国には勝って欲しかった。

 国内の報道では,来年の冬季オリンピックの出場権を得たことが大きく報道された。カーリングに限らずオリンピック至上主義のスポーツ報道は歪んでおり,どの競技も,毎年の世界選手権やワールドカップのほうが重要である。

Curlingmen2017_2  今回,日本チームの問題はスキップの不調にあったと思う。前半は,校長だったが,カナダ戦あたりから正確さを欠くようになった。最終の中国戦は,酷い内容だった。スキップのラストストーンが失敗することが多く,開始直後から連続スティールされた。ゲームのショット成功率が58%では勝てない。中国のスキップは,96%だった。

 この大会では,カナダチームが,予選から決勝まで無敗で優勝した。決勝戦ではスウェーデンが粘ったが,それでもカナダに勝つことはできなかった。日本は,カナダ戦第4エンドで一挙に5点を取られてしまった。今回,出場のカナダチームは,これまで世界選手権の出場実績は乏しい。しかし,スキップのグシュー選手は老練で,自分たちの一投を成功させるだけではなく,常にその後に相手が投げにくい形になるように配慮している嫌なスキップであるそうだ。


2017年4月 6日 (木)

染井吉野満開幻想

Someiyoshino201704  入院している時,桜が満開となる前に退院できるだろうという見込みがあった。そして,退院して一週間後,染井吉野が満開となった。ただ,今年の桜は失敗という感を拭えない。

 東京では靖国神社の中にある染井吉野の標準木が3月21日に間の悪いことに冷たい雨の日に開花した。しかし,その後,なかなか咲くことはなかった。そして,4月2日に突如,満開の宣言がなされた。 

 東京の桜が満開となったとテレビの気象予報士はそろって繰り返したが,その度に,他のアナウンサーは,今日見た桜はまだ満開にほど遠いという実感を遠慮無く口にした。要するに,標準木というのが少しも標準的でない桜だったわけである。しかし,気象予報士は,気象庁と異なることを言うことはできず,実感とは異なっていても満開と言い張ったわけである。

 しかし,テレビなどの天気予報全体で,誰もが桜が咲くのを待ちわびていて,満開になれば花見をするものと決めつけているのも事実である。標準的サラリーマンは花見をするという幻想から抜けることができない。それどころではない人々が大部分であるのに。


« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »