« 東京から見た元日の富士山 | トップページ | 東京地下鉄銀座線の特別仕様車 »

2017年1月17日 (火)

宝塚星組オーム・シャンティ・オーム

Ohshantiom   東京国際フォーラムの宝塚星組『オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-』(小柳奈穂子脚本・演出)は,インド映画『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』(ファラー・カーン監督,2007)の日本語舞台版である。「恋する輪廻」は日本の映画会社がつけたのだろうが,種明かしをしていると言えなくもない。

 主人公を演じる紅ゆずるとその相手役綺咲愛里は,4月に本劇場でデビューする星組の新しいトップスターであり,この作品は,事前のお披露目という位置づけになる。

 舞台はインドムンバイの映画スタジオで,脇役から抜け出せない青年オームが,人気女優のシャンティに憧れるが,そのシャンティは謎の死を遂げ,オームも命を落とす。しかし,その30年後に生まれ変わったオームは・・・というとんでもない話である。恋愛,喜劇,悲劇,復讐劇,ミステリ,親子の情愛,友情など何でもあり,しかも劇中の映画が『オーム・シャンティ・オーム』で自己言及的である。

 主人公の誕生日の場面は,まるで紅ゆずると綺咲愛里のトップ就任を祝うかのようで,抱腹絶倒なやりとりもある。「ハッピーじゃなければエンドじゃない」といった印象に残る台詞もある,出ずっぱりの紅ゆずるは,疲れをしらず走り回り,綺咲愛里はまるでインド女優のようであった。

 いろいろ無理なところもあるインドの映画がそのまま宝塚のフォーマットにあてはめられ,宝塚の観客は,何の違和感も感じることもなく,作品の世界に浸っていた。


« 東京から見た元日の富士山 | トップページ | 東京地下鉄銀座線の特別仕様車 »