« 本当に強くなったラグビー日本代表 | トップページ | 今年のスポーツ,三つの残念 »

2016年12月 1日 (木)

終盤を迎えた『校閲ガール』

Nigekoetsu  そろそろ終盤にさしかかった2016年秋期のテレビドラマは,TBS『逃げるは恥だが役に立つ』と日本テレビ『地味にスゴイ!校閲ガール』を初回から観てきた。両方とも,最近珍しく徐々に視聴率を上げているが,『逃げるは恥だが役に立つ』のほうが人気が高い。

 『逃げるは恥だが役に立つ』は,新垣結衣の主演。一年前に『掟上今日子の備忘録』があったが,記憶が失われ,おかしな衣装という現実離れした役柄だった。今回の原作は,コミックスであるので,無理と誇張が避けられないのは仕方が無い。ドラマティックなことがほとんど起きないこのドラマが支持されているのは,自分の域を固守しつつ,恋愛という問題に偽装結婚はじめ,様々な妥協策で糊塗して正面から向き合わないとても奥手な主人公達に共感を覚える若い人々が多いのだろうと思う。新垣結衣の真面目さは特別である。

 『地味にスゴイ!校閲ガール』のほうが,ドラマとしては面白い。原作の宮木あや子『校閲ガール』は読んでいた。出版社に合格し,女性誌の編集を希望しながら配属されたのは校閲部だった。女性誌の記事内容は完璧に記憶しているのに本を読まない主人公には,絶えられない職場だった。社内の意地悪な女性たちからは,彼女を「おしゃかわ」と言っている。「校閲部のような地味な部署でおしゃれなどしても無駄でかわいそう」という意味だった。それでも,仕事はきちんと行う。最初の頃は,河野悦子こと石原さとみの記憶力と悪口が目立ったが,次第に校閲部と作家だけではなく女性誌編集部の現場も見せるようになった。校閲だけではドラマになりにくいからだろうが,本田翼,菅田将暉,青木崇高,岸谷五朗がバランスよく配置されているという印象。しかし,NHKの『野田ともうします。』で野田さんだった江口のりこが光っている。

 NHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」は観なくなってしまった。


« 本当に強くなったラグビー日本代表 | トップページ | 今年のスポーツ,三つの残念 »