« 今年のスポーツ,三つの残念 | トップページ | 東京から見た元日の富士山 »

2016年12月31日 (土)

事故多発地区,東京の青山

 2016年8月16日の夕方,東京メトロ銀座線の青山一丁目駅の渋谷行ホームで,盲導犬を連れた会社員がホームから線路に転落し,入っきた電車と接触,病院に運ばれた後に亡くなられた。銀座線の青山一丁目駅は,歴史のある駅で,古く狭い,ホームに大きな柱があり,危険であることは確かである。しかし,渋谷行きのホームは,ツインビルの地下一階の商店街から,階段なしで改札口から入ることのできる,今ではほとんど例をみないとても便利な駅である。翌日,銀座から乗って事故現場付近で降りた。関係する方々が集まっていた。

 11月6日の夕方,明治神宮外苑で開催中の「東京デザインウィーク」の出展作品が燃え,家族で来ていた5歳の男の子がが全身にやけどを負って亡くなった。展示物は,木製のジャングルジムのような形で,全体におがくずが付いていたが,暗くなったので白熱灯を点灯したら,熱せられたおがくずが燃えた。短時間に燃え広がったので,子供は助からなかった。死者が出てしまったのだから出展者の不注意はは責められてもしかたがない。明治神宮外苑は散歩のコースの一つで週に数回通っている。事故の翌日にも通った。ただ,うかつなことに,「東京デザインウィーク」が開催されていることも,まして毎年,開かれていることも全く知らなかった。

 12月6日の朝,東京の青山三丁目の青山通りと外苑西通りの交差点で,乗用車に追突されたタクシーが歩道に乗り上げ,通行人をはねた。男女4名とタクシー運転手が病院に運ばれた。重傷者もいる。外苑西通りで女性客を降ろしたタクシーが右折するために車線変更したら後ろから来た乗用車が追突して,タクシーは,前にいたバイクや軽自動車にぶつかり,歩道に乗り上げ,自転車に乗っていた人や通行人の男性をはね,街灯に衝突して止まった。場所は,解体がようやく終わった旧ベルコモンズのあった角である。郵便局に行く用事があったので,事故現場に行き,写真を撮った。
Aoyamajiko  これは,数多くある交通事故の一つであると思うが,タクシーの運転手が60歳代で,ちょうど,高齢運転手の事故が多発というか,よく報道されていた時期なので,ヘリコプタが舞い,テレビ各社の記者が取材に来くるということになったらしい。

 青山一丁目駅から外苑,青山三丁目と事故現場は移っていく。次は表参道か。


« 今年のスポーツ,三つの残念 | トップページ | 東京から見た元日の富士山 »