« 最終回には驚いた傑作『ちかえもん』 | トップページ | 『とと姉ちゃん』のキョトン »

2016年5月30日 (月)

東京芸術劇場の立川志の輔

Tokyotheater  勤め先の近くにある東京芸術劇場には2,000席の大ホール,800席の中ホール「プレイハウス」,それに300席の小ホールが二つある。東京芸術劇場に行くのは初めてであるが,立川志の輔師匠も演劇は観に来たことが自分で演じるのは初めてとのことだった。中ホールは,もちろん満員である。何とか入手した切符は2階の右端だったが、仕方が無い。

 七番弟子が,きちんと古典落語を演じた後,登場である。

 最初は,新作落語「ハナコ」である。飛行機会社の「天候調査」の話から始まる。随分と苦い目にあったことがあるのだろう。ある程度の温泉町の温泉旅館にサラリーマン三人組が,源泉掛け流し,黒毛和牛食べ放題を目当てにやってくる。ところが女将の応対が変である。しきりに「あらかじめ申し上げておきます」を繰り返す。仲居の前田が,子供が熱を出したので,今日は休んでいるので,行き届かないところがあるかもしれないというどうでもいいことを女将は繰り返す。何とか温泉に入り,さあ黒毛和牛食べ放題という時に,ピーマンなど材料の供給農家の人々が一人づつ挨拶をし始める。それで「ハナコ」の正体がわかるが,それは落ちではない。
 「ハナコ」を聞くのは二回目であるが,やはり大声で笑ってしまう。

 もう一つの演目は古典落語「柳田格之進」である。両替商主人と浪人が碁敵であるが,番頭の独断が重大な事態を引き起こしてしまう。最初の三分の一ほど少し集中力が途切れた。マイクのせいなのだるが,志の輔師匠の声が聞こえにくいところがあった。しかし,身体をよじり,しばらく無言で演技し,観客が次の台詞を待つという展開になっていくと舞台に釘付けになる。

 最後は,どういうわけか観客全員での三本締めとなった。


« 最終回には驚いた傑作『ちかえもん』 | トップページ | 『とと姉ちゃん』のキョトン »