« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月20日 (水)

最終回には驚いた傑作『ちかえもん』

 NHKの木曜時代劇『ちかえもん』は,近松門左衛門に周囲がよってたかって『曾根崎心中』を書かせる話である。

Chikaemon  このドラマは放送中は一度も見なかった。しかし,山田太一氏や倉本聰氏が受賞している向田邦子賞の2015年の受賞者が藤本有紀氏で受賞作が『ちかえもん』と知り,俄然観たくなった。藤本有紀氏は,『ちりとてちん』,『平清盛』を書いた一般受けしないが,熱心なファンのいる脚本家である。

 DVDの発売は5月らしいので,NHKオンデマンドという有料のサービスで全8話を観た。予想以上,期待以上の良くできた作品だった。『あさが来た』と同じく大阪のNHKの制作。近松家,平野家,遊郭天満屋,堂島新地,文楽座などセットもリアリティがあり,音楽も斬新である。

 平成16年の正月,50歳過ぎの大阪の浄瑠璃作者近松門左衛門(松尾スズキ)は,スランプに陥っていた。侍をやめ10年以上書いてきたが,『出世景清』以来,当たりがない。妻子に逃げられ,母(富司純子)からは,親不孝者と言われ,年増の遊女のお袖(優香)に愚痴をこぼす毎日である。そこに,派手な格好の孝行糖ならぬ不孝糖売りの万吉(青木崇高),なにやらよからぬ魂胆のありそうな油屋九平次(山崎銀之丞)があらわれる。

 主人公は,当然,近松門左衛門なのだが,存在感は薄い。実質的には,天満屋の新人遊女のお初が中心である。お初を演じるのが早見あかりであるが,愛想なしで器量よしであるものの厄介者,健気だったり,凜々しかったり,妖艶だったりする。さらに三重スパイのような難しい役柄であり,やや,堅い感じもあるが,それもその出自にあっている。早見あかり見ているだけでも満足できる。

 

そして,お茶ひきの遊女で,近松門左衛門を「じじい」呼ばわりするが情愛のある優香もそれに劣らない。『曾根崎心中』初演のあと,芝居への感動の涙と近松門左衛門への安心した笑顔とでくしゃくしゃになった表情が可愛らしい。青木崇高と山崎銀之丞は怪演というにふさわしい。

 しかし,なんと言っても最終回である。最終回には,意外な出来事が続いて起きる。特に万吉の正体には驚いた。近松門左衛門は,お初を中心に人物相関図を作って,物語を動かそうとする。その上では,作者の藤本有紀氏が同じ事をしている。話を進めるためには万吉が必要だった。気がつきにくいが,万吉はこのドラマでは,進行係を務めている。松尾スズキは「ええっ,なぜそんなことする」と思うような冷酷なこともしていた,と後で気づいた。「うそとほんとの境目が面白い」ということばで納得させられる。


2016年4月18日 (月)

カーリング男子選手権の悲劇

 カーリング男子世界選手権が開催されていて,日本のSC軽井沢クラブが決勝リーグに3位で進出したことは全く知らなかった。女子とは異なり,NHKの中継も,新聞報道もなかったのだから仕方がない。さすがに決勝リーグの日本戦は,中継があった。

 プレイオフの3位対4位戦は,米国との試合だった。日本が,米国を3-1とリードしていた第8エンドに,微妙な状態になった。赤いストーンが日本だが,米国は,自分たちの黄色のストーンがハウスの中にあれば2点をとり,追いつくことができる。この黄色ストーンは,赤のストーンが壁にぶつかって跳ね返ってあたってその影響を受けている。
Clcurlingman2016
判定の方法がよくわからないが,基本は,両国の合意ということになっている。激しいやりとりの後,結局,米国の言い分が通った。日本側の観戦者は,みな,アンフェアと思ったはずである。スコットランドのイブ。ミュアヘッドは「That yellow was never staying in the house....crazy! 」とツイートしていたのだが。

 これで,日本は負けて,2位との準決勝には進めず,3位決定戦では,デンマークに負けた米国と再戦した。日本6-7米国の第10エンドのスキップ両角選手の最終ストーン,そのままなら同点,うまく中央に置くことができれば2点で逆転3位だったのだが,前の石にあたって,米国の中央近くの石をおしてしまい,これがナンバーワンストーンとなり,試合は終了した。

 なんとも。


2016年4月 7日 (木)

2016年の桜

 東京は,今年は開花日は,3月21日と早かったものの,その後は低温が続いて,なかなか花が開かなかった。これは染井吉野であるが,染井吉野の開花時期をもとに都内の枝垂れ桜を観に行くことにしているので,今年は戸惑った。

Aoyamareien2016  テレビニュースでは桜の開花日を騒ぎ立てることが極端になりつつあるが,今年は,花見と連動せず,3月末から4月初めに満開となるまで桜は忘れられていた。さらに,満開となっても晴れることは少なかった。桜も紅葉も,青い空の下で眺めるのが一番であるが,満開後晴天だったのはたった一日しかなかった。

 実は,「満開」宣言というのもかなりあやしく,4月6日でも靑山霊園まだ満開であった。

Megurogawa2016  目黒川にも行ってみた。夜桜を照らすのであろうぼんぼりのようなものが張り渡してあった。スポンサー名が書かれているが,どういうわけだか,安っぽい桜色に塗られていて目障りである。昼間の花見客のことは考えなかったのだろう。


カーリングロス

 カーリング女子選手権の日本対スイスの決勝戦は,新幹線に乗っていたのでテレビ中継を観戦できなかった。ツイッターなどSNSを総動員して,得点経過を追っていたが,やはりサークル内がわからないので,もどかしかった。第10エンドの藤澤選手の最後の一投のあと,しばらくどうなったかわからなかったが,一斉に,残念という書き込みがあった。

Curling2016final  中継の再放送を観て,スイスのスキップのフェルチャー選手の第9エンドのラストストーン,2点をとった最後の一投が素晴らしく,またこれで勝負が決まったことがわかった。大変なプレッシャーの中で,あのような微妙なドローショットがよく投げられるものだと感心するばかり。

 予選リーグで最後のスコットランド,カナダに圧勝し,9勝2敗となったとき,準決勝でロシアを破った時,そして,決勝戦の第8エンド終了時に優勝に近づいていたわけである。いかにも体調の悪そうな藤澤選手は集中力を切らすことなく,スイスを追い詰めた。

 このメンバーで,来年の世界選手権,再来年のオリンピックを戦ってほしい。



« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »