« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月23日 (日)

「コピペは重罪」という報道はありがたい

 2014年1月末に理化学研究所の研究者が中心になった研究チームが,新万能細胞を作り出したとする画期的な論文を『ネイチャー』に投稿,掲載された。この論文は、幹細胞を作製する、より安全で簡単な技術を開発したと述べていた。ところが,この論文にいくつかの問題があることが指摘され,さらに中心となっている女性研究者の学位論文にも問題があることが明らかになった。

 「小保方晴子のSTAP細胞論文の疑惑」というサイトでは,1)データ改ざん・捏造,2)剽窃・不実記載,3)博士論文での不正,4)杜撰な実験・ES細胞混入疑惑,5)利益相反事項の隠蔽,6)共著者の論文でもデータ流用,7)早稲田大学の学位審査の欠陥が上げられている。さらに『週刊文春』2014年3月27日号では「小保方晴子さん 乱倫な研究室」と個人の生活や行動までがあげつらわれている。

 論文の手順に従って別の研究者がSTAP細胞を作り出すことができれば,また違った展開になるのだろうが,現時点では望み薄である。

 STAP細胞は難解であり,その背景もつかめないために,テレビや新聞は,もっぱらわかりやすい剽窃行為のほうを非難している。学位論文の冒頭20ページが出典を明示しない長大な引用であることが事実なら,これは言い逃れできない。

 「コピペ」と言う語も使いたくないが,ウェブで提供される文章を,パソコンにあるコピーアンドペーストでコピーして,例えばワードに貼り付けるという行為である。この「コピペ」は,個人で行う場合には容認されているので,日常的に行われている。企業内や様々な集まりで作られた説明資料には,無断引用が大量に含まれていることが多い。

 最近,大学では,学生の指導で,レポートや卒業論文における剽窃に神経を尖らせている。慶應義塾大学文学部では履修案内(2013年版)の「不正行為」に以下のような記述がある。

 また,レポートや論文における剽窃・盗用・代筆も不正行為です。残念なことにインターネット上の記事あるいは書籍の文章をそのままレポートに貼り込む剽窃・盗用がみられます。これらについても試験における不正行為と同等あるいはより深刻な不正として処分の対象となります。         

レポート・論文の執筆上の注意

  レポートや論文(卒業論文を含む)の執筆・提出は,定期試験,授業内試験と並んで大学での勉学の成果の証となる重要なものです。ところがレポートや論文の書き方のルールを守らないため,不合格になったり,場合によっては不正行為と判定されて処分の対象になったりすることもあります。

 こうした掲示は,今ではどの大学のどの学部でも行われている。学生がレポートの提出期限にせっぱ詰まって,ウィキペディアからそのままコピーし,ワードに貼り付けて提出し,たちまちわかって,処分されるという事例は,多発しているはずである。レポートを提出しないよりも,剽窃のほうが罪が軽いと考えるのか,あるいは見つからないと考えるのかわからないが,今やカンニングと同様に処分されるので,留年する可能性が高い。

 しかし,なぜ,論文やレポートでは,出典を明示して引用しなければならないかを説明するのは結構難しい。盗みであり不正であると言ってもなかなか伝わらない。教員は,それぞれ,自分で考えた説明をしているはずである。

 今回の小保方晴子氏の学位論文で「コピペ」があったらしいという報道は,論文における「コピペ」がニュースに取り上げられるほどに,また学位の取り消しにつながるほどに重罪であることを世間に認識,浸透させたという点で,よかったのかもしれない。


2014年3月19日 (水)

北陸新幹線と飯山線

 2015年春に北陸新幹線の長野と金沢間が開業する。北陸本線に沿った路線なのだろうと漠然と思っていたが,長野からどのように日本海側に出るのかはよくわからなかった。調べると,飯山まで飯山線に沿い,そこから大きく向きを変えて,信越線を横切り,日本海に出ることがわかった。

Hokurikuhonsen3sha  新幹線ができると,JRは在来線を廃止するが,通常は,第三セクターが経営を引き継ぐ。北陸新幹線の場合は,飯山線はJRのままであるが,信越線の長野と直江津の間,北陸本線の直江津と金沢の間が廃止,引き継ぎに該当する区間である。

 ところが,これがえらく複雑なことになっていた。何と四社に分割されるのである。

 しなの鉄道(長野~妙高高原)
 えちごトキめき鉄道(妙高高原~市振)
 あいの風とやま鉄道(市振~富山~倶利伽羅)
 IRいしかわ鉄道株式会社(倶利伽羅~金沢)

 基本的に県別であり,県が出資する第三セクターなのでこうなったのだろう。既存の「しなの鉄道」以外は,それにしてもなあという鉄道名である。「えちごトキめき鉄道」の場合,路線名は「日本海ひすいライン」(直江津~市振),「妙高はねうまライン」(直江津~妙高高原)となる。公募で決めたことになっている。空元気というより,今はこういった名付けが流行なのでその通りにしましたという投げやりな感じが漂っている。

 以前から,景色がよいといわれる飯山線に乗ってみたかった。今回,信越線の直江津と長野間もJRから離れるので,乗っておこうと思った。どちらも日本有数の豪雪地帯であるので,時期としては2月か3月がよい。

 上越新幹線で長岡に行き,信越線で直江津周りで長野まで行った。信越線の柏崎から柿崎の間は,比較的長時間,海岸沿いを走る。日本海の暗い空の向こうから波が押し寄せてきて,断崖や滝がある。直江津で乗り換えて,長野行きの列車に乗る。四番目の駅の脇野田の近くに,北陸新幹線の「上越妙高」駅を建設中であるが,ほぼ完成している。ただ,この駅は,妙高市の北辺にあるが,妙高高原からはかなり遠い。沿線は,やはり積雪量が多い。直江津と長野の間は,高校生などの乗車時間ではなかったが,かなりの乗車率だった。

 翌日,長野から飯山線に乗った。二両編成のディーゼルカーである。長野付近はほとんど雪はないが,豊野を過ぎて,千曲川に沿うようになると,雪の量がすさまじくなる。雪の多い地帯では,道路は除雪され乾いているが,田畑や山には背丈以上の雪が積もっている。林の中の木々の間にも雪が降り積もっている。雪の壁の間を列車は走っていく。Iiyamasen

 長野駅でこの列車に,若手女性タレントとディレクター,カメラマン御一行が乗ってきた。車内の乗客ひとりひとりに取材しているようである。拒否的な態度が伝わったのか,番組の趣旨に合わない人間と判定されたのか,相手にされなかった。

 立ケ花駅から北飯山駅,戸狩野沢温泉から越後鹿渡まで千曲川を右岸に望む。見渡す限りの雪景色の中に千曲川の黒い流れが見える。単調ではあるが,時折,水鳥の雁行があったりして飽きなかった。


2014年3月 4日 (火)

アカデミー賞授賞式2014年

 アカデミー賞の授賞式は,コダックシアターからドルビーセンターに変わったが,施設の名称が違うだけで同じ会場である。

 今年は,作品賞や監督賞などは混戦だったが,最初から固いものもあった。撮影賞や編集賞など技術関係のオスカーは全て『ゼロ・グラビティ』に行くだろうと言われていた。『ゼロ・グラビティ』は,先にCGを作り,それに合わせて俳優が演技するという点など映画製作で画期的であることが評価された。また,『アナと雪の女王』が米国で大ヒットを記録して,ノミネートされた長編アニメ賞,歌曲賞での受賞が確実と言われて,その通りになった。

 オリジナル脚本賞と脚色賞について,WOWWOWの中継番組に出ていた三上幸喜が,脚本と脚色は全然違っているので,これを分けているアカデミー賞は偉いと発言をしたら,すかさず,町山智弘が,実際にはアカデミー賞では,分け方がいい加減だと説明した。登場人物が,前作を踏襲している『ビフォア・ミッドナイト』は,中味はオリジナルであるが,脚色賞にノミネートされていた。

 アカデミー賞候補作は,日本では,授賞式までに公開されることが少ない。今年は,作品賞9作の中で6作が公開済みだったので,ましなほうである。主要な賞は,その作品賞にあげられた,『それでも夜は明ける』,『アメリカン・ハッスル』,『ダラス・バイヤーズクラブ』,『ゼロ・グラビティ』などの受賞が予想されていた。結果からみれば,『アメリカン・ハッスル』以外が,バランスよく受賞した。

Oscars2014  『アメリカン・ハッスル』のエイミー・アダムスの主演女優賞,ジェニファー・ローレンスの助演女優賞受賞を期待していたが,無理だった。ゴールデン・グローブ賞を得たものの『アメリカン・ハッスル』のエイミー・アダムスの役は主演とは言いにくい。しかし,毎年のように様々なタイプの作品で助演女優賞の候補に上げられているエイミー・アダムスは,アカデミー賞をとれないままで終わりそうな気がする。

 個人的には,全部観ているわけではないが,今年の候補作は,あまり興味を持てない作品が多かった。実話が多くて,米国人の価値観や心情優先だったように思われる。司会者にも馴染めなかった。

 この一年間に亡くなったハリウッド関係者を悼むスライドショーの時に流れていた曲は,ジョン・バリーが作曲した『ある日どこかで』の主題歌だった。その後で,ベット・ミドラーが登場して歌った『フォエバー・フレンズ』のWind beneath my wingsにも感動。


« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »