« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月30日 (月)

使いたくない言葉(1)

 ある有名ミステリ作家の新作を大層褒めた書評を読んだが,評者は,ただ一点,「真逆」という言葉が使われていることを批判していた。同じく「真逆」はいやだ。

 最近の言葉では,

さくっと,見える化,ウインウインの関係,伏線の回収,号泣

などを使いたくない。

 「五つのうち二つは合意したがあと三つはまだ話したいよねという感じです」(パシフィックリーグ事務局)の「よね」もいやだ。

 流行語大賞は,正式には,「ユーキャン新語流行語大賞」という。1984年にはじまり,『現代用語の基礎知識』読者審査員のアンケートを参考にして選考委員会によってノミネート語が選出されて大賞が選ばれる仕組みらしい。

 10年ほど前,北島康介選手「チョー気持ちいい」が大賞にになった時,あまり流行語と思っていなかったので,驚いた。テレビのバラエティ番組を観ないので昨年の「ワイルドだろぉ」も馴染みがなかった。

 今年は,

PM2.5,NISA(ニーサ),母さん助けて詐欺,弾丸登山,美文字,DJポリス,ななつ星,パズドラ,ビッグデータ,SNEP(スネップ),ヘイトスピーチ,さとり世代,ダークツーリズム,ご当地電力,ご当地キャラ,こじらせ女子,富士山,日傘男子,バカッター,激おこぷんぷん丸,困り顔メイク,涙袋メイク,倍返し,今でしょ,ダイオウイカ,じぇじぇじぇ,あまロス,ビッグダディ,ハダカの美奈子,ふなっしー,フライングゲット,マイナンバー,NSC,アベノミクス,3本の矢,集団的自衛権,特定秘密,汚染水,ブラック企業,限定正社員,追い出し部屋,ナチスの手口に学んだら,ネット選挙,アホノミクス,引いたら負け,二刀流,スポーツの底力,シライ,お・も・て・な・し,コントロールされている

が候補となり

今でしょ!,お・も・て・な・し,じぇじぇじぇ,倍返し

が大賞となった。いずれも知っているし,妥当かなとは思った。

 ただ,フジテレビのニュースに出ていた頃の滝川クリステル嬢のファンだったが,「お・も・て・な・し」はその演出過剰ぶりにあざとさを感じる。

 候補になった50語の中では「激おこぷんぷん丸」が気に入っている。


2013年12月14日 (土)

京都南座顔見世の市川猿之助

 京都南座の12月顔見世興行を初めて観た。さすが劇場内にはに藝妓,舞妓の姿が見える。満員だった。 

 演目は,中車は「ぢいさんばあさん」と「元禄忠臣蔵-御浜御殿綱豊卿」,関西では「ラブリン」とよばれているらしい片岡愛之助は,「二人椀久」で仁左衛門の代わり,そして「児雷也」である。猿之助は,昼は,「四の切」(義経千本桜-川連法眼館の場)の狐,夜は,「黒塚」の鬼女といずれも人間ではない役柄である。

Kaomise_3

 襲名披露なので,夜の部に口上がある。猿翁が休演のため,舞台は猿之助と中車,それに坂田藤十郎だけである。昨年の新橋演舞場の襲名披露に比べると寂しい。

 「四の切」は,三代目市川猿之助を何度か観たし,四代目の市川猿之助でも三度目である。昨年6月に開かれた渋谷ヒカリエの「渋谷亀博」では,その舞台装置を拝見した。どのように出現し,次はどこから出るかということはしっかり覚えているので,うっかり花道を見ることはない。

 京都南座では,20年前に三代市川猿之助が演じて以来の,猿之助の源九郎狐である。隻が前方だったので,これまでになく,猿之助の表情がよくわかった。小狐が本当に乗り移ったような仕草,独特の台詞回しである。観客には分かりやすいし,体力と気力を100%使っていることがよくわかる。

。そして,最後の宙乗りで,三階席にまで達し,花吹雪が舞い散るところまでよく見えた。

 宝塚のレビューの大階段のような,高揚した幕切れで,見終わって帰る観客は満足感を得られるだろう。さらに,夜の部の「黒塚」では,一転して喜びと無念さと恨み,それに凄みを演じ分けてみせる。

 猿之助が新しい歌舞伎座に登場するのはいつなのだろうか。

 


2013年12月11日 (水)

携帯の番号を教えて下さい

 今日も,「携帯の番号を教えて下さい」と言われた。多少,聞き取りにくい声で,「携帯は持ってません」と応えるわけである。先日も,あるサイトでは,携帯電話番号が必須項目となっていた。若い層にはいないだろうが,中年にもまだまだ携帯電話を持たない人々がいるはずであるが,世の中の誰もが携帯を持っていると思いこんでいる人々がいても不思議ではない。
Hissu
 通信の契約はしていないが,タブレット端末は持ち歩いているので,モバイル機器が嫌いなわけではない。異動しながら電話をかけることをしたくない。

 家にはファックスがない。ファックスも好きではない。ファックスを使うなら,文書のファイルを電子メールに添付して送るほうがよいと思っている。しかし,世の中には,ファックス文化があり,何かと言えばファックスを送りますという人々がいる。

 これに反して,電子メールは気に入っている。電子メールがなくなると困る。しかし,ツイッターやフェイスブックなどでの連絡はしたくない。どのようなメディアも好き嫌いを言わずに使えばよいのに,どうしても好みが先になってしまう。

 小田嶋隆『ポエムに万歳』(新潮社, 2013,223p.)を読んでいたら,スパムメールが8割以上となっている電子メールはあと2年ほどで生き詰まるだろうという診断が下されていた。

 早く携帯電話がなくなればよいと思っていたが,電子メールのほうが寿命が短いのか。


« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »