« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月15日 (火)

良くできたドラマ『リーガル・ハイ』

 今期のテレビドラマで第一回目を見たのは,『ATARU』,『鍵のかかった部屋』,『リーガル・ハイ』,『カエルの王女さま』,『Wの悲劇』,『都市伝説の女』だったが, いまも観ているのは『リーガル・ハイ』と『都市伝説の女』だけとなった。

 『都市伝説の女』は,刑事長澤まさみが事件が起きるたびに都市伝説だと元気に騒いでまわっている。

Legalhi 『リーガル・ハイ』は,毎回,展開は込み入っていて,台詞はよく考えられており,堺雅人の顔の演技はみものであるし,このドラマで唯一,感情移入ができる新垣結衣が意外に好演している。第三話のストーカー規制法違反の裁判は,新垣結衣の過去が,依頼人と原告の心情とうまく重なり合い,せつなかった。コミカルな演技もする余裕がある。

その他のドラマは全て主人公役が単調である。

 『家族のうた』は,低視聴率で打ち切りになるが,家族の絆が不評とは思わなかっただろう。そうなると,半年前の『家政婦のミタ』の最近にない高視聴率の原因は,あの一家ではなくて,松嶋菜々子の異様さにあったことになる。早口で短時間で明かされる悲惨な過去を持ち,AKB48のメンバーを全部そらで言い,『ウォーリー』のイヴのようにルービックキューブをあっという間に解いてしまうスーパーウーマンをみなが観たがったのかもしれない。

 NHKの朝のドラマ『梅ちゃん先生』は,『おひさま』よりも出来が悪い。あまりの平板さに「サザエさん」と言われているが,笑いもない。堀北真希は,あまりに幼い。演技力で子供のように見せているのではないらしい。今後の大人の役が楽しみだ。堀北真希と新垣結衣が同年齢とは驚く。


2012年5月10日 (木)

渋谷ヒカリエと東急文化

 渋谷の東急文化会館がなくなり,随分経ってから東急は「渋谷ヒカリエ」なる34階建てのビルを建てた。

Hikarie  早速,行ってみる。上部は事務棟なので11階までしか行くことができない。渋谷は,この頃話題の東京の「スリバチの底」であるから11階ではそれほど眺めがよいわけではない。

 この11階から16階までが「シアターオーブ」という劇場で,7月からのブロードウェイミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」が柿落しの公演らしい。

 東急文化会館には映画館が三つあった。その一つのパンテオンで,中学生の頃「ウエスト・サイド物語」を観た覚えがある。同じような年代の劇場関係者の発案なのだろう。

 9階にあるホールで行われている「渋谷亀博:市川亀治郎大博覧会」が目的だった。ところが,無料とばかり思っていたので,入場料1,200円に大いに驚いた。入場者の制限のためかもしれないとも思ったが,入場料を取るとしてもせいぜい500円であろう。それに,展示にもやや疑問を持った。

 しかし,「義経千本桜」の「河連法眼館の段」いわゆる「四ノ切」の舞台がそのまま公開されているのをみて,納得した。源九郎狐が階段や天井から現れる仕掛けを間近で見ること ができ,写真を撮ってもよい。欄干渡りの板も見ることができた。これはうれしかった。また,亀治郎さんは,役者絵の収集家であるが,そのコレクションも展示されていた。

 この6,7階は,食堂街である。まい泉,美々卯,牛タン利久などと,博多から来て貰った店や,ダイニング,アジアン料理など今風の店が並ぶ。

 1階から5階までは,ファッション雑貨,カジュアルファッション,ライフスタイル雑貨などがあり,若い女性をターゲットとしている。

全体として,空間はゆったりしており,今風なデザインにあふれている。家族連れや高齢者は対象としていないようである。

東急文化会館にはかなり店舗面積のある三省堂書店が入っていた。ヒカリエには本屋はない。映画や本の衰退を感じないではいられない。東急は敏感だ。しかし,ここにあふれている若い女性は,消費してくれる女性たちだろうかとも思った。

 ヒカリエには表参道から行った。去年まで,宮益坂のケヤキの並木は,両側から車道を覆い,夏は陽射しを遮ってくれた。吉田篤弘『木挽町月光夜咄』(筑摩書房,2011)もこの並木に感動している。ところが,冬の間に,かなりの枝が切り落とされてしまった。今年は,何だか情けない姿になっている。区や地元住民の方々の事情があってこうなったのだろうが,残念なことだ。ヒカリエが関係ないとよいが。 


« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »