« 電話の発明者は誰か | トップページ | 吉野で日本最大祕仏を拝観 »

2010年11月17日 (水)

アイチューンの映画レンタルを試す

 アップル社から「iTunes Store にて,大手映画会社が配給する映画のレンタル/販売サービスを開始します。『トイ・ストーリー3』、『セックス・アンド・ザ・シティ 2 [ザ・ムービー] 』、『踊る大捜査線』その他、多くの人気映画をお楽しみいただけます。自宅でゆっくり鑑賞するのはもちろん、iPhone や iPad、iPod を使えば外出先でもお楽しみいただけます]という案内があった。

 早速,レンタルサービスを試してみることにした。まず,アイチューンの新しい版をダウンロードする。


Itune_2 アイチューン・ストアには映画が200作品ほどリストされていた。ただ,字幕版と日本語版が用意されている作品もあるので,実際には,本数はもっと少ない。しかし,ディズニーも入っているし,比較的新しい『NINE』,『シャッターアイランド』から『ベンジャミン・バトン』,『それでも恋するバルセロナ』などを経て,『ニュー・シネマ・パラダイス』,『チャイナ・タウン』までなかなか頑張ったラインアップである。

 映画館で観たが記憶の薄い『(500)日のサマー』((500)days of summer,2009,マーク・ウェブ)をレンタルすることにした。『ローマの休日』は200円だが,これは400円と高い。上演時間は1時間35分,1.25GBのダウンロードに,自宅のパソコン,通信環境では29分かかった。
 
 アイチューンの「レンタルした項目」の中にできたアイコンを押すと「クイックタイム」による再生がはじまる。早送りや巻き戻しなどの機能は使えないが,下のスライダーは有効なので問題はない。

 レンタルしてから30日以内に観ること,再生開始後48時間で消えるという仕組みであるので,いつ観はじめるのかは重要である。

 DVDの郵送レンタルサービスでは,1枚100円の例もあるが,郵送料がかかるので,実際は250円ほどである。別のサービスは,郵送料を含めて1枚400円を超える。レンタル日数は実質は1週間である。店頭のレンタル料金は,千差万別であるが,現在,利用している店は,1枚1週間380円と高い。これらを勘案して,アイチューンの映画レンタル料金は200円から400円という価格設定になっているのだろう。

 ただ,ラインアップという点では,既存のDVD郵送サービスや店舗には勝てない。作品選択でいかに工夫するかが今後を左右するだろう。

 さて,『(500)日のサマー』を再び観たが,なぜこの映画の内容を覚えていないかよくわかった。若い男が若い女に出会って振られるだけで,途中に何の出来事もないのだった。特別な雰囲気もない。饒舌と辛辣さのないウディ・アレンの映画。ゾーイ・デシャネルがカラオケで歌う「シュガータウン」は可愛いが,どうも暗い感じがつきまとう。

 こうして,せっかくもう一度観たのに,米国でも日本でも高評価である理由はわかりかねた。


« 電話の発明者は誰か | トップページ | 吉野で日本最大祕仏を拝観 »