« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月29日 (月)

小川洋子『ミーナの行進』の1972年

Minako  小川洋子『ミーナの行進』(中央公論新社,2006,331p.)は,著者名とカバーに積み重ねた本が描かれていたので買ったのだが,読み始めたら,最後まであっという間だった。『博士の愛した数式』に優るとも劣らぬ傑作である。

 カバ(正しくはコビトカバ)の背中にくくりつけられた座椅子に乗って坂道を通学する小学生の女の子が実在するとしたら,その背後にはどのような事情があるのだろうかということから拡がった物語なのだろう。語り手は,母と離れて伯母の元で暮らすことになった朋子で,中学1年生である。主人公ミーナの父は,フレッシーという健康飲料の会社を経営している。

 時は,1972年,六甲の麓,芦屋の高台にある部屋数17の洋館にミーナは住んでいる。時々,喘息の発作で入院する。「ミーナという子供を一言で説明しようとすれば,喘息持ちの少女,本好きの少女,コビトカバに乗る少女,さまざまな言い方があるだろう。けれど他の誰とも違う,ミーナがミーナである証拠を示そうとするならば,マッチで美しい火を点すことのできる少女,と言わなければならない」。登場人物は,類型的ではあるにもかかわらず,個性が際立っている。過不足ない描写と生き生きした会話が現実感を高めている。

 盤石に見える日常生活ではあるが,不安と陰影が潜んでいることに朋子は気付く。『博士の愛した数式』では,阪神と江夏が,時代を明確に表していたが,ここでは,ミュンヘンオリンピック,男子バレーボール,猫田選手で特定され,この頃には,まだ,マッチ箱やタケダのプラッシーがあったことを思い出させてくれる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

斎藤美奈子『冠婚葬祭のひみつ』は必読

Kankon  斎藤美奈子『冠婚葬祭のひみつ』(岩波書店,2006.224p.)は,岩波新書のリニューアルの第一弾十冊の中であるが刊行が遅れていた。明治から現代までの冠婚葬祭マニュアルを読み,その流れをみるのが前半で,後半は,この本自体がマニュアルになっている。

 この間に,三つの転機があった。最初は1900年代以降で,家(血縁)+地域共同体(地縁),次,1960年以降は,家(血縁)+企業共同体(社縁)。そして,1990年代以降は,個人+家族(狭い範囲の血縁)という分析がなされる。戦争よりもロイヤルウェディングのほうが影響を与える。1970年刊行の塩月弥栄子の『冠婚葬祭入門』は,革命的といっていいほどの変化をもたらした。今は,少子高齢化社会の到来で,長く命脈を保ってきた「家」も,ここで寿命が尽きた。指摘の数々について,まさに目から鱗の落ちる思いがする。

 1980年代後半から2000年代前半までに百回以上,結婚式に列席させて頂いたが,この十年の間に,すっかり変わったのは実感できる。東京では,仲人がいる結婚式は,0.1%だという。チャペル付きのレストランも普通である。式場やホテルには,とんでもない名前のチャペルがある。「中世ヨーロッパをイメージした『セイクリッドハート教会』(春日部市),「下から照らす白い光のバージンロードが素敵な『セント・グレイス・チャペル』(新座市)などなど。

  若い女性達が欲望と想像力の限りを尽くす結婚式は,それ自体が面白いし,斎藤美奈子の語り口は,抱腹絶倒である。

 第2章の「いまどきの結婚」と第3章の「葬式のこれから」が新『冠婚葬祭入門』の部分であるが,なんとか別姓に,というあたりがやや弱いものの,例えば,葬式における葬儀屋さん対応など,全体に必要不可欠な実用的な事柄が簡潔に書かれている。

 ようやく,塩月弥栄子『冠婚葬祭入門』に代わる新しいマニュアルが登場したわけで,岩波書店がうまく売れば,岩波新書待望のベストセラーになることも期待できる。

| コメント (0) | トラックバック (4)

2006年5月13日 (土)

地上デジタル放送のいかがわしさ

 テレビがおかしくなった。直ぐに電源が切れてしまう。機嫌がよければ,切れないでいる。近くで何か電波が出ているかもしれないと思い,遮断してみたが上手くいかない。タイマーかと思ったがそうではないというか,タイマーが自動的に入ってしまうようだ。基盤がおかしくなっているのだろう。

 それに,画面が薄くなった。これはブラウン管の問題である。両者は異なる原因であろうが,同時期に末期的症状が出るのは素晴らしい。特に支障無く十数年前のブラウン管テレビを使ってきたが,もはや寿命らしい。

 建物にCATVが入った時に加入した。ラグビー,サッカー,テニス,自転車,F1を観るために,sky perfecTVにも入った。スポーツ番組を観るには,JSPORTSが必要であるが,最近,JSPORTSがJSPORTS PLUSなるデジタル放送のチャンネルを始めた。これは,デジタルテレビでないと観ることができない。

 前携帯生活と言いながらも,デジタルテレビに変えることにした。液晶のモニターにデジタルチューナがついたテレビを買った。

 CATVの契約をアナログからデジタルに変えないと地上デジタル放送を受信できない。ケーブルテレビ会社から真面目で気のいい若者二人がやってきて,チューナーを取り替え,面倒な配線をし,親切に説明をしてくれた。とは言え,番組が変わったりするわけではない。変わったのは,チャンネルで,テレビ朝日やテレビ東京の位置が変わり,チャンネルが2桁から3桁になり,もはや覚えることができなくなった。 Denpa

 これで2011年を乗り越えられるのでひと安心ではあるが,池田信夫氏『電波利権』によれば,「地上デジタル放送は『平成の戦艦大和』」であるらしい。

 NHKの調査によると,地上デジタル放送受信機の普及数は,2006年4月末で約1,049万台だそうだが,日本の家庭のにあるテレビ台数は,1億3000万台で,2011年までにデジタルに置き換えることは不可能である。地上デジタルは事業として成り立たないと放送の当事者が言っているし,10年後には,「映像の大部分はインターネットで配信されているかもしれない」のに,無理を重ねながらデジタル放送が推進されている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »